トップページ » 2021年10月
2021年10月

テニス部顧問に下着まで脱がされた

私が行っていた中学校は、部活に入部する事が義務付けられていました。 最初、どの部に入るか迷いましたが、憧れの気持ちでテニス部に入部しました。 でも、それが大きな過ちだったのです。 実際に入部してみますと、華やかなイメージとは裏腹に、練習がかなりハー ...
【テニス部顧問に下着まで脱がされた】の続きを読む

at 15:05コメント(0)  

後輩女子のテレホンセックスを観察後に合流

新人女子社員の本音を偶然聞いてしまい、印象は「可愛い!」から「ムカつく!」へ。 しかしそこには・・・。 そして女はパンツを脱いだ。 一体ナニがあったのか?今嫁かどうかは内緒だ。 そういうオチは飽きられてるから!※前半はあまりエロくないです。 当 ...
【後輩女子のテレホンセックスを観察後に合流】の続きを読む

at 13:20コメント(0)  

俺は彼女のフェラが上手いとか友達に言った覚えはない。

俺んちで、俺・俺の彼女・俺の友達(男)の三人で飲んでた。 途中でバイトの履歴書が必要なことを思い出してコンビニに買いに行くことにした。 徒歩2〜3分のとこだし、そのくらいなら二人にして大丈夫だろうと思って俺一人で行った。 帰ってきたら廊下で友達が倒れ ...
【俺は彼女のフェラが上手いとか友達に言った覚えはない。】の続きを読む

at 11:35コメント(0)  

高校野球の思い出

俺は野球が好きだった。 小学校の時、はじめてホームランを打った時のあのバットの感触が忘れられない。 俺の学生時代は朝から晩までボールを追って過ごす、ただそれだけの毎日だった。 そんな生活に不満を感じたことは1度も無い。 仲間とみんなで、甲子園を目 ...
【高校野球の思い出】の続きを読む

at 09:50コメント(0)  

次に、挿入を始めました。いい具合でした。

学生時代付き合っていた彼女と、東京の新宿で偶然会ったんです。 私に「◯◯君」と言ってきた女性に、最初見覚えはありませんでした。 三十代の少し肉感的な熟女が笑っているのですが、分かりませんでした。 「忘れちゃったの?大学の時の沙紀ですよ」と、軽いウインクを ...
【次に、挿入を始めました。いい具合でした。】の続きを読む

at 04:35コメント(0)  

借金の為に妻を金持ちに売るハメになった・・・・

昔、俺たち夫婦にはかなり借金があった。 嫁の父親である義父がとある事で借金を抱え妻が放っておけない、どうしようって言うんで、しょうがないからうちらが返す事になった。 そう決断するのは、俺的にはかなりなかシンドかったが妻を愛してるし、この状況を受け入れ ...
【借金の為に妻を金持ちに売るハメになった・・・・】の続きを読む

at 02:50コメント(0)  

年下のサービスドライバーの彼とヨットの上で盛大にセックス!!

主婦38歳。 いつも来るサービスドライバーのお兄さんの優しい対応に気が付いたら好きになっていました。 でも立場上平静を装っていました。 彼は明らかに私より年下。 爽やかでかっこよくて、ソフトな物腰。穏やかな喋り方で、いつも 他愛のない世間話しか出来ないけ ...
【年下のサービスドライバーの彼とヨットの上で盛大にセックス!!】の続きを読む

at 01:05コメント(0)  

ビデオ見た後は嫉妬と興奮と後悔で大変

うちの彼女なんだけど、酔って寝たら嵌めても軽く反応するくらいで絶対起きない。それを友達に言うと「それはない」と信じなかったので賭ける事になった。彼女が家にくる日に友達も読んで飲み始めて、彼女の飲むペースあげさせながらちょっとワクワクしてた。俺が勝ったらP ...
【ビデオ見た後は嫉妬と興奮と後悔で大変】の続きを読む

at 21:35コメント(0)  

大学の先輩処女に手を出したら人生詰んだったwwwwwww

最初に言っとくわ、俺がカスなのが悪い。 俺は処女厨だったんだ… 高校生のとき、俺はいじめられてた。 男子全員に無視されるという組織的なもの。 まぁ元々いじめられるタイプでもないのでスルースキルを目一杯発動して女の子とだけ話してたんだがそれが余計に ...
【大学の先輩処女に手を出したら人生詰んだったwwwwwww】の続きを読む

at 19:50コメント(0)  

あぁ…気持ちいいなー。玉やアナルまで舐めてくれてるで。

結構昔の話になるのですが、寝とられた話です。 俺  A彼女B子間男CB子はどちらかと言うと物静かな感じで地獄少女のえんまあいっぽい感じでCカップで身長156ぐらいの子です。 付き合って一年半ぐらいたった頃バイトが忙しくて中々会えない日が続いてました。 そん ...
【あぁ…気持ちいいなー。玉やアナルまで舐めてくれてるで。】の続きを読む

at 16:20コメント(0)