トップページ » 友達が雑魚寝してる横でイケメン先輩と中出しエッチ

友達が雑魚寝してる横でイケメン先輩と中出しエッチ

画像はイメージです

男2人、女2人の合計4人で部屋で雑魚寝している時に、エッチな事が起きました。

あれは半年くらい前。
大学の男の先輩2人と、自分と女友達で2対2で朝まで飲んだ時、お持ち帰りされた。

結構酔っ払ってて、朝、お店が閉まる時間になって、みんな自分ちまで帰るのが面倒臭くて女友達の家に行くことになった。

友達の家に着いて、女友達はベッド、ひとりの先輩はソファー、私ともう一人の先輩は床に雑魚寝してた。
その先輩は私の膝で膝枕して寝始めたから、私は初め寝転べなかったんだけど、どうしても眠たくなってお構いなしに寝転んでやった。
先輩の足側の方に寝転んだから、先輩の頭が私のお腹辺り、私の頭が先輩のお腹辺りにくる体勢になった。
二人とも横向きで、お互い向き合った状態で寝てた。
意味わかるかな?プチ69って感じ。

私がウトウトしてると、太ももをゆっくり触られる感触があって、びっくりして目が覚めた。
でも、先輩が寝ぼけてるのかなと思って特に拒んだりはしなかった。
泥酔してたし、眠気もあったからどうでもよくなってたのかも。

そうしてるうちに先輩の行動はエスカレート。
今度は服の上からおまんこを触ってきた。
何度も何度も擦ってきたりした。
正直、私もちょっと感じてしまっていた。

ベッドに友達は寝てるし、ソファーにも他の先輩が寝てるし、悪戯はこの程度が限界だと思ったから、また拒否はしなかった。
酔いと眠気で拒否するのが面倒臭くなってたし。

しばらくその状態が続いた。
ずっと服の上からなのが少しもどかしかった。
私もお酒で開放的になってたし、その先輩のことをイケメンと思っていた。
嫌ではなかったので、自分も先輩の内ももを触っていた。

すると先輩は急に大胆になった。
私が穿いてたホットパンツに手を掛けてずらそうとしてきた。
さすがにこの状況でそれはまずいと思い、小声で「それはだめだって」と訴えた。
ソファーで寝てる先輩の目の前に私たちが寝てるので、いつ見られるかわからない状況だったから。

先輩は私の訴えを完全に無視してホットパンツも下着もずらしてしまった。
もう朝方だから部屋はだいぶ明るい。
本当におまんこモロ見え。
すごく恥ずかしかった。

すると先輩は直接割れ目を触ってきた。
私はすごく濡れてしまっていた。
それがバレたのがまたすごく恥ずかしかった。
今度は先輩が私のまんこを舐め始めた。
上手くてびっくりしたw

静かな部屋で、先輩と友達が寝ている中で、いやらしい音をわざと立てて舐められて、お酒の力もあって、すごく興奮してしまっている自分がいた。
声を殺す自分にまた酔うみたいなw

今度は先輩が私のを舐めながら自分のズボンと下着をずらしてきた。
本当にびっくりした。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星