トップページ » 母親の肉体を歓喜に染め上げている

母親の肉体を歓喜に染め上げている

画像はイメージです

冷蔵庫を開け、志穂は中からよく冷えた牛乳を手に取った。
そのまま扉を閉じようとして少し佇み、夫が帰宅した時のために用意してあるボトルワインを牛乳と一緒に取り出した。

「はい、等、牛乳」

「うん。あ、ママいけないんだ。こんな明るいうちからお酒なんか飲んで」

「ゴメンね・・・でもママ、たった今飲みたいの」

「ふーん」

志穂は等にミルクを注いであげたあと、自分もワイングラスに深紅の液体を注いだ。
自ら進んでアルコールを取る事など、あまりない。
どちらかといえば酒に弱い方の志穂は、外での食事の時や夫との晩酌の時に軽く口をつけるぐらいでしかアルコールを嗜まない。


h="300" height="420" frameborder="no" scrolling="no">
テーブルの向かいで等が、志穂の方をじっと見ながらコップの牛乳を一所懸命飲んでいる。
苦手な牛乳を飲めば、ママが喜んでくれる。
だからこそ等は牛乳を飲むようになったのだ。

「ぷはあ!ママ、今日も牛乳ちゃんと飲めたよ!」

純真無垢な笑顔で、等は母親に微笑みかけた。
それを迎える志穂にも笑みが浮かんでいたが、まだ幼い等にはその笑みに込められた意味など図れようはずもなかった。

「よくやったわ、等・・・」

志穂は椅子を立ち、可愛い息子のすぐ傍に向かった。
そして、いつもしてあげるように優しく頭を撫でてやる。
アルコールが回って来たせいか、あるいは別の理由なのか、その指先が燃えるように熱く感じられる。

「等・・・ひとし・・・」

志穂は顔を愛息に近づけ、頬擦りした。
幼いすべすべの肌が、母親の全身を喜ばせる。

「ママ・・・お酒臭いよ」

「うん・・・ゴメンね、ゴメンね等」

そう言いながらも、志穂は頬と頬の接触を止めない。
志穂は確かに肌と肌の接触を欲し、そしてきっと、こんな程度では満足できない事も分かっている。

「ねえ、等・・・」

ゆっくりと顔を離した母親を、等は見つめた。

「ママ、なに?」

素直な息子の顔に、志穂はひとつ唾を呑み込んだ。
アルコールの匂いが、自分をまた酔わせる。

「・・・お風呂、入らない?」

言葉と同時に、息子の顔が輝いたのを、志穂はこの上ない悦びに感じた。
等は、ずっと待っていたのだ。
母親が、自分のオチンチンを気持ちよくしてくれる事を。

泡をまぶしたスポンジを、ゆっくり息子の肌にあてがっていく。
いつもは綺麗にする事だけを考えて洗っているこの動作も、今日はまるで玉を磨くように丁寧に行っている。
好きなアニメの歌を鼻歌で歌っている等を志穂は、いつもの優しい母親とは違う視線で眺め、いや息子を心から愛している母親だからこそ、目の前の無邪気な息子に、自分の汚れた肉体を救い出して欲しいと願っているのだ。

「ねえ、ママ」

「なに・・・等?」

夢見心地の志穂は、息子の弱々しい声で我に返る。

「これ・・・どうしよう」

「・・・?」

等の小さな人差し指が差した方向を、志穂は見る。
豊かなボディソープの泡の中に、真っ赤な肉の塊が震えている。

「あ・・・っ」

志穂の吐息が、バスルームに糸引く。
等は、勃起していた。

「・・・あのね、ママ」

「ひ、とし・・・」

「ママが洗ってくれてた時から、どんどんどんどん大きくなってて・・・どうしよう、ママ」

痛々しい声で等が訴えかけて来る。
またあの痛みに襲われているのだろう。
志穂は、震える手でシャワーの蛇口をひねった。
優しい温度の湯が等にかかり、泡を取り除いていく。
しかし泡が消えても、幼い肉の柱は変わらず志穂に向かっていななき続けている。
互いに期待していた光景。
しかしやはり等、そして志穂の心臓は鼓動を速めていった。

「ママ・・・」

愛する息子の囁きに、志穂はこの上なく誘惑された。
視線は、自分が間違いなくこの躰から生み出した、幼くも力強い筋肉の柱に注がれたままだ。
自然に、手が伸びる。

「あっ・・・」


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星