トップページ » 母を愛人にしている社長を好きになって

母を愛人にしている社長を好きになって

画像はイメージです

あれは私が中学3年の出来事でした。

塾に行く途中、お金を忘れたのに気が付いて、母が勤めていた会社に寄りました。
いつもの様にドアを開けて入って行きましたが誰も居ませんでした。

帰ろうと思って出ていこうとした時、奥の給湯室の方から何か聞こえたような気がしました。
子供ながら、見てはいけないと思いつつ耳を澄ませました。
母の、声を殺した呻き声でした。
私は足がすくんで動けなくなりました。

その時、母の「あぁぁ・・・もう駄目。イキます。イクー」と言う声が。

私は音を立てないように、そーっと出ていきました。

受験も近くなった12月のある日、母の会社に寄りました。
あれ以来、全く行ってなかったんですが、急用が出来たので電話を入れてから行きました。
母と社長と2人でしたが、社長はすぐに出て行きました。

「沙希ちゃん、ゆっくりしていっていいよ」と優しく声を掛けてくれました。

私はこの社長が好きでした。
優しくて、頭が良さそうでハンサムでした。
父とは高校の同級生とかで、その縁で母もその会社に勤めていました。

母が出してくれたコーヒーを飲みながら、進路について話していると急に眠くなってきました。
応接室のソファーでたぶん眠ってしまったみたいです。
すごく気持ちが良くて目が覚めかけた時、私は驚きました。

パンツを脱がされて、私の股を社長が舐めているんです。
私は眠った振りをしていましたが、気持ちが良くて思わず声が出ます。

すると社長は急に立ち上がりました。
ファスナーからは黒くて、見たこともない大きな棒のような物が体と直角に突き出ています。
すると母が、口を大きく開けてそれを呑み込みました。

ビチャビチャという音と、母の「うんうん」と言う声以外何も聞こえてきません。

そのうち社長は、「うっ・・・」と言うような声を出して、母の口に入れたまま腰を前後に動かしていました。
もう心臓はドキドキ、でも寝たふりはしていました。

(あの時の相手は社長だったんだ。母は社長の愛人なんだ。不倫って事か・・・)とか考えながら。

社長は応接室から出て行き、母がティッシュで私のアソコを拭いてパンツを穿かせてました。
しばらく寝たふりを続け、何事も無く目覚めたように、「あれっ、私、寝てたの?」と母に言いました。
母は少し頬が赤くなっていたような気がしましたが、「うん、疲れてるみたいね。あまり無理しちゃダメよ」と、また何事もなかったかの様に言いました。

私は急いで家に帰ってパンツを脱いで見ました。
パンツにもベッドリ染みが出来ていましたし、アソコもヌルヌルです。
その時のオナニーは今までで一番感じました。
あの大好きな社長から舐めてもらっているシーンを想像しながら、母が社長の黒くて大きなモノをしゃぶっているところを思い出しながら・・・何回もイキました。

不思議と母を恨む気持ちも、社長を恨む事もありません。
というよりむしろ幸せな気分だったんです。
あの黒いモノを自分もしゃぶりたい。
無理矢理あの黒いモノの名前を言わされたい。
よくクラスの男子が言ってるあの名前。
オチンチン・・・。

母の真似をして、「あぁぁ・・・イックー」と言いながらイキました。

私は異常なのかなぁ?と思いました。
友達はもう結構経験してるんですが、私はキスさえもありません。
自分で言うのもなんですが、モテる方ではあると思います。
携帯の番号教えてよとか、クラスの子が私を好きだから付き合ってみたらとか結構言われていましたが、私の最初の人は好きな人に・・・って決めていました。

無事に高校受験にも受かり、入学を待っていました。
ある夜、母が、「社長からお祝を頂いたから、お礼の電話を入れなさい」と祝儀袋を手渡してくれました。
開けると3万円の綺麗な札と、『今度食事でも御馳走するから良い日を知らせて下さい』と書かれた紙が入っていました。

次の日、早速社長に電話を入れました。
まず母が出たので、社長に繋いでと頼むと、「今日は出掛けてるから、帰ったら私が電話してあげる」と言われました。

お昼ご飯を食べようかなと思っていると、電話が掛かってきました。
母からかと思って出ると、社長からでした。

社長「まだ出先からなんだけど、良かったら昼一緒に食べない?少し遅れるけどいいかな?」

私「あっ、はい。宜しくお願いします」

興奮して、お祝いのお礼を言うのも忘れていました。

中華料理店に連れて行かれ、何やかや珍しいものを御馳走になりました。
社長はずーっと紳士的で、あの時、私の大事な所を舐め回した事も、母と不倫をしている事なども、おくびにも出さずに、好きな芸能人とかの話ばかり。
まさか私が知っているなんて思いもしないでしょうが。

社長「沙希ちゃんは彼氏いるの?」

私「彼氏はいませんけど、好きな人はいます」

社長「ふーん、告白しないの?今の若い子は携帯でメールとか簡単に連絡できるだろ?」

私「でも私の好きな人は、年上ですし、それに・・・」

社長「それに何?」

それ以上は言えませんでした。
もし私が、『社長の事が好き』と言ったらどうなるんでしょう?
母の不倫相手、しかも父の同級生。
私の家族は今でもおかしい状態なのに、これに私が加わったら・・・。

結局その日は食事だけでした。

彼の顔が見る見る赤くなっていきました。

社長「えっ、知ってたの?お母さんとの事」

私「うん。それに、私のアソコを見るのも今日が初めてじゃないでしょ?」

彼はショゲていきます。

私「うぅん違うの、知ってても良いじゃない。私が好きなのは貴方だから。ホントに初めてだから、優しく女にして・・・」

我ながら15歳でよく言えたと、今は思い出して感心します。
そして自分から彼にキスしていきました。
でも、彼の黒い大きなモノには元気がありません。

私「触って欲しい?でも分からないよ。どうしたら気持ち良いの?」

社長「ここを指の先で撫でてみて」

今ならよく分かりますが、彼は裏スジの所を教えてくれました。
彼は私のアソコを、私は彼の黒いモノをお互いに手で愛撫しました。
私はまた気持ち良くなって、「ねぇ、またイキそうになって来た。恥ずかしいからやめて」と心にもない事を言ったりしました。
もうすっかり元気になった彼は・・・。

社長「いいよ、何回でもイッていいよ。恥ずかしくなんかないよ」

私「あぁまたまたまたイクよ、イッていい?あぁぁもうダメ、イックーイクイクあぁぁぁ」

社長「沙希はエッチだなぁ。ジュースも凄いぞ。あと3回イッたら女にするか」

社長は割り切ったのか、すっかり元気を取り戻していました。

社長「ねぇ沙希ちゃん、ここはなんていうところ?」

私のアソコをゆっくり触りながら聞いてきました。
私が黙っていると彼は・・・。

社長「言わないのなら止めちゃうよ」

私「やめちゃ嫌」

社長「じゃあ言ってごらん。オマンコって」

私「いや、言えないよ、知らない」

社長「ウソだろ、知ってるだろ?言わないと止めちゃうぞ」

私「イヤァン」

今なら平気で言える言葉も15歳のこの時はなかなか言えませんでした。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星