トップページ » 奥さんとちゃんとしているの?

奥さんとちゃんとしているの?

画像はイメージです

【自治会のバス旅行へ】
今日は、俺(30)の住んでいる街の自治会バス旅行。
俺は世話係として参加している。
俺の住んでいるところは、輪番で班長を決めて、回覧物の配布とか自治会費の集金などをしているが、その他に自治会委員として自治会の手伝いもある。
で、レジャー委員になった俺は行きたくもないバス旅行に行かされることになったわけ。

「子ども見ているから、たまには息抜きで行ってきなよ。タダなんだし」と妻に勧めてみたら「冗談じゃないわよ。女の人が行ったら、それこそ召使い代わりにこき使われるの分かっているからイヤ。あなたこそ、地域の人と交流を深めてきなさいよ」と体よく追い出された。


バスの中で使う品物を車に積んで集合場所の公民館に着くと、案の定、待っているのは年寄りばかりだった。
自治会のバス旅行なんて、若い人が参加するわけないもんね。
白髪の自治会長から名簿を受け取り、簡単に打ち合わせ。
巨大な観光バスが来て、地域住民(おっさんやおばさんばかり)が乗り込んでいく。
あれ、もう一人のレジャー委員、山瀬さんが来ていない。
・・・。

発車間際に、30歳位の女の人が走ってきた。

「遅くなってすみません」

あれ、子どもの幼稚園で一緒の山瀬友美(ともみ)さんだ・・・。
(名簿は世帯主である旦那の名前になっていて、友美さんが来るとは知らなかった)

ウチは、幼稚園父母会の活動に俺も出ていたが、山瀬さんの所は奥さんばかり出ていたっけ・・・。

「あれぇ、鉄也さん!」

友美さんは意外そうに声を掛ける・・・。

「あんたたち、早く乗りなさい」

自治会長に言われ、バスに乗り込むと扉が閉まった。

バスの後ろ側半分ぐらいはサロン席になっていて、自治会の役員や年寄り連中が適当に座っている。
一番前の幹事席に荷物を置くと、さっそく挨拶とお茶を配って回る。

「あんたたち、ご苦労さん、まあ、座って」とサロン席に座るように促され、年寄りのつまらない話し相手。
ところが、前の方に座っていた年寄りたちが、次から次へとサロン席に入ってきて、盛り上がりはじめる。
まあ、何十年も住んできた仲間だから、無理もない。
話も俺と友美さんに関係なく、弾んでいく様子。

そして、最初のトイレ休憩から戻ると、サロン席は参加者で埋まっていて、俺と友美さんの座る場所はなかった。
盛り上がっている年寄りも俺たちに気がつかない様子なので「前の方に座りましょうか?」と最前列左側の幹事席に並んで腰掛けた。
(最前列右側は自治会長席ということだったが、自治会長はサロンに陣取り、実際には飲み物や食べ物が積まれていた)

【友美さんと話し始める】

「友美さん、お疲れさま」

友美さんに窓側を勧めた俺が声を掛けた。

「鉄也さんも、大変ですね」

俺は、妻にこの役目を押しつけられたことを話すと、友美さんは

「いいなぁ」

「??」

「ウチの人なんて、こういう地域とか幼稚園とか、絶対に出てこないんだもん。話す余地もなかったわ」と愚痴り始めた。

旦那と言えば、今日も休日出勤と言うので、子どもは実家に預けたが、何か怪しい・・と。

幼稚園のこととか、パートで行っている仕事の事を話していた友美さんだが、次第に口数が少なくなって・・・寝入ってしまった。
俺の方にもたれかかって。

肩越しに、友美さんの髪の匂いが鼻をくすぐっている。
ウェーブがかかり、多少茶色く脱色しているセミロング。
気持ちよさそうに閉じられた大きな瞳に、細面の可愛らしい顔は、とても31歳に見えない。
アンサンブルと言うのか、ボーダー柄のキャミソールの上に胸元の開いたアイボリーの上着。
キャミソールの下の胸は大きく膨らみ、呼吸に合わせて上下に息づいている。

ギンガムチェック柄の短いスカートの下は、ふくらはぎまでむっちりと覆った、黒いレギンス。
レギンスは今にもはち切れそうになっている。

俺は、景色を見るでもなく、友美さんの髪の香りを楽しみながら、寝顔や大きな胸、むっちりとした太ももに見入っていた。

妻はガリガリの体を気にして、あまり体型の出る服は着ないので、新鮮な眺めだった。

友美さんの体が動いて、キャミソールの上から胸の谷間が見えるようになったので、覗き込むと「見えた?」友美さんはイタズラっぽく笑った。

「鉄也さんも奥さん一筋かと思ったら、意外とエッチなんですね」

「えっ、そ、そんな・・・」

【友美さんに触れる】

「少しぐらいだったら今日は見たり触ってもいいですよ。
年寄りの相手はつまらないし、奥さんに無理矢理来させられて居るんでしょ。
私も鉄也さんなら全然OK。
あと旦那に仕返しを・・・うふっ」

友美さんは、俺をじっと見つめて囁いた。

俺は、友美さんの髪を撫でると「んんっ」と鼻を鳴らす。

「髪だけで・・何かぞくぞくするわ」

友美さんは、俺の手を握ると、自分の胸に誘導した。
上着の開いたところからキャミソールの上へ。
俺は、五本指で撫でるように這わせると、目を瞑って気持ちよさそうにしている。
最初はくすぐったかったが、舌で逸物を舐め回すテクニックにあっという間に臨戦体勢。

友美さんは、尻を突きだして、近くの木に掴まった。
スカートをまくると、レギンスに包まれた(予想より大きめの)尻が飛び込んだ。
白いショーツが透けているのがいやらしく見える。
しばらくレギンスの上から尻を撫で、股間を刺激していたが「もう・・・いやっ。脱がせて」と友美さん。
レギンスをずり降ろし、真っ白な尻をむき出しにした。

俺は、局部に顔を寄せて舐め始めると

「もうダメ。ねえ、入れて」

自分も入れたくなっているので、尻を抱え込み、逸物を差し込むと「ああああああああっ」と声を出した後、歯を食いしばって声が出ないようにしていた。
俺は、回りに目を配りながらピストンし、キャミの上から胸を揉む。

「んっ、んっ」

顔は見えないが、気持ちよさそうにしているのは分かる。

「ねえ、気持ちいいよ。逝きそうになってきた。いい?」

「いいよ」

友美さんは、ハンカチを口に咥えると「んんんんんんんんんっ、ううっ」と崩れ落ちてしまった。

「気持ちよかった・・逝ったの1年ぶりなの」

「そうなんだ」

「鉄也さんの、まだ勃っているわ・・・大きい・・私、上になるわ」

俺はベンチに横たわると、スカートを穿いたまま友美さんが跨がってきた。
俺の逸物を掴み、股間にあてがって・・・「ああっ」

友美さんは再びハンカチを口に咥えると、前後に腰を振り立てた。
俺も、下から手を伸ばして胸を揉み上げると「んぐうっ、うーうーうーっ」と顔を歪めて髪を振り立てている。

「友美さん、逝きそうだよ」

「鉄也さん、待って。私も逝きそう。あっ、あっ」

「友美さん、もうやばいよ」

「いいよ、一緒に逝こう。そのまま出しちゃって。ああっ、いいっ」

「えっ、何だって。ホントに逝くよ」

「いいいいいいっっっ逝くぅぅぅぅぅぅううううっ」

「出る出るっ、おおっ」


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星