トップページ » 義父のチンポは息子の嫁のバイブ代わり

義父のチンポは息子の嫁のバイブ代わり

画像はイメージです

息子夫婦が結婚したのは5年前。
その後、2年前に私たち夫婦が離婚してしまい、昨年の夏より、息子夫婦が一緒に暮らしてくれるようになりました。


私(茂)は55歳になります。
農家をしており、最近は息子の嫁が不慣れな農家の仕事を手伝ってくれるようになりました。
息子(聡史・30歳)はサラリーマンをしていますが、毎日帰りが遅く、早くても10時、下手したら日にちが変わることも。

その嫁(麻由美・26歳)は、中、高とバレー部で、肉感的なムッチリした身体つきをしています。
2人が結婚したときから、いつか一度でいいから、自分のものにしてみたいという欲望を持ち続けていました。

それが、2ヶ月前のある日、チャンスが訪れました。
いつものように、2人で夕食を済ませ、順にお風呂も済ませ、私は1階の自分の部屋で読書をしていました。
麻由美さんも風呂を済ませ、2階の部屋にいました。
田舎の静かな夜は少しの物音もよく響きます。
しかも、麻由美さんのいる部屋はちょうど、真上にありました。
みしみしとベッドが軋む音が響いていました。
私は心配と興味半々で2階へと向かいました。
隣の部屋と麻由美さんのいる部屋は、ベランダでは繋がっているため、外から様子を窺うことにしました。

ある程度想像はついていましたが、部屋の中では、激しく指を動かし、オナニーで悶えている麻由美さんが見えました。
両脚を開脚し、おっぱいを曝け出し、まるで昼間の麻由美さんからは想像できない表情を見せています。
田舎は噂が広まるのも早く、下手な浮気もできないし、街に出て遊ぶにしても、街まで出るのも遠いし、これは私が何とかしてあげるしかない・・・。
私も離婚してから、女性のぬくもりを感じていないし、ちょうどいいのでは・・・。
もうすでに、義父としての立場も理性もなくなっていました。
その証拠に、AV鑑賞のときの下半身の勃起具合とは比べ物にならないくらいの、何年も経験していない硬さになっていました。

私は何も知らない振りで、麻由美さんの部屋の前に立ち、ドアをノックし声をかけました。
中で慌てて対応しようとしている麻由美さんが想像できます。
私は間を空けず、中に入って行きました。

「お父様、ちょっと待って、って言ったじゃないですか・・・。こんな時間にどうされたんですか?」

「私のほうこそ、部屋で静かに本を読んでいたんだが、上の部屋が騒々しいから、どうしたものかと様子を窺いに来ただけだが・・。何もなければいいんだけど・・・。

「なっ、何も・・・何もないですよ・・・。スイマセン・・・。読書の邪魔したんだったら・・。スイマセン」

辛うじて寝巻きを被っているが、後ろのベッドには脱ぎ捨てられたショーツが残っており、麻由美さんの中に出入りしていたディルドーも見えました。
すぐにすべてを隠すのは無理な話でした。

「普段、この部屋は入れないし、ちょっと中を見させてもらうよ。ほんとに何もなかったのか、私にはそうは思えないほどの騒々しさだったけど」

そう言って、ずかずかと中に入りました。

「お父様、勝手に入らないでください。何もないんですから」

そう言いながらも、散らかっているショーツとディルドーにまっすぐ向かっていく麻由美さん。
それを後ろから私はついていきました。
そして、後ろから麻由美さんを羽交い絞めにすると、両手で覆うように隠していたものを取り上げました。

「麻由美さんが悪いんじゃない・・・。こんなにきれいな妻がいるのに、満足させられない息子が悪いんだ・・・。麻由美さんはもっとしたいんだろ?本当は、聡史にもっと気持ちいいこといっぱいして欲しいんだろ?あいつ、毎日忙しいといって、帰りが遅いし、すぐにベッドに入るし・・・。麻由美さん、要は硬いチンポが欲しい・・・。そういうことなのか・・・?」


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星