トップページ » ひと回り以上年下のOLとスリル満点の社内不倫

ひと回り以上年下のOLとスリル満点の社内不倫

画像はイメージです

寝取り、と言えばそうなんだけど、きっかけは彼女の方から。
ちょっと長くなるかも知れないけど、フェイク入れながら投下します。
あー、当時の情景が浮かんできたよ!それだけで勃起しちまってるし!

数年前、転勤族の俺が某地方都市にいた時の話。
赴任して半年くらい経った頃に、19才の娘(恵美)が採用されてきた。
俺より楽勝で一回り以上年下。
俺が結婚できる年齢になってすぐ娘が出来たら同級生になる、という感じ。
俺の会社はかなり堅いので、不倫なんか表沙汰になった日には、間違いなく飛ばされるか、自主退職を余儀なくされる。
だから真面目な俺は、若い女の子が入ってきても一切そんな目で見た事はなかった。

ところが年末押し迫る冬、会社の飲み会が頻繁にあり、そこで諸先輩のおっさんの一部の人達が“不倫自慢”みたいな話をしているのを聞いてしまった。

「結局、見つかる奴が馬鹿」「結構水面下で皆やっている」という話を真に受けてしまった俺。

で、頭に浮かんだのが恵美の事。

恵美は入社以来俺に懐いており、飲み会の度に「不倫が成り立つのは、お互いに守るものがあるからなんですよ」と、言われたりしていた。
俺の事誘ってんな、とはすぐに気付いたが、それまではそんな大それた事は全く概念になかったので、意識する事なくはぐらかしていた。

話が具体的過ぎるね。
身バレしないかね・・・と今さら心配になってきた。
まぁいっか・・・。

おじさん達の話を聞いてから、飲み会で見かける恵美の事が急に気になりだした。
よく見ると、若手の総合職の男どもに毎回口説かれまくっていた。
何気に後輩に聞いてみると・・・。

「恵美ちゃん狙ってる男たくさんいますよ。未婚者も既婚者も(笑)」

よく見ると、可愛い顔してるしスタイルもいい。
なんたって超若い(笑)
こんなに人気のある女の子・・・勿体無いかも。
いきなり“そういう対象”として意識するようになった。

決定打となったのはある日の日中、恵美が銀行に出掛けるために社を出たところで俺とすれ違った時、俺の姿を見つけるや否や大きく右手を振ってくれた。
その時、恵美の制服の上着がずり上がり、おへそがばっちり見えてしまった。
真っ白い肌に縦長ではっきりとしたおへそ。
下のスカートは腰に引っ掛ける様に穿いていたので、ヘソ下もかなり見えて超エロかった・・・。
俺はこの瞬間、一度きりの思い出を作ろうと思った。

年末のある日、飲み会があったが俺は仕事で不参加。
恵美はもちろん参加。
もう俺の頭の中は恵美で一杯。
仕事も意外と早く終わりそう。
やるなら今夜かも、なんて思いながら、ついに恵美に電話。
はっきりと、「抱きたい」と言っちゃった!

恵美は恥ずかしそうに、「じゃあ私・・・ちょっと抜けますね。どこで待ち合わせましょうか?」と言った。
この時、やっぱり俺の事が好きだったんだなと安心した。
心のどこかで、彼氏いるんだし、何ふざけた事言ってんの!とキレられたらマズいなと少しだけ思ってたので。
俺が来年から単身赴任になると言ったら、子供預けて泊まりで来るって。
どこまで本気なのか分からんけど。
俺、こんなに細かく書いて大丈夫だろうか・・・。

不倫関係になってからは、ホテルや車でズコズコやりまくりました。
でも、非常階段でのお触りとか、そんな話の方が需要ありそうなので、いくつか投下させてもらいます。

事務の恵美ちゃんは五時が定時。
総合職の俺は当然残業。
で、五時過ぎにメールが来て、その日大丈夫そうな場所で待ち合わせ。
非常階段は、いつ扉が開くのかドキドキものだったんで、慎重な俺はキス止まり・・・。

地下室の書庫。
ここはまだ安全なので、ハグしながらディープキス。
この場所でも中身まで触るのは気が引けたので、ひたすらキスに没頭した。

人が居なくなったフロアの女子トイレの個室。
ここではおへそに舌を入れたり、乳揉み、尻揉み。
一度だけフェラしてもらった。
ほとんど裸にまでひん剥いた事もあったっけ。
狭い空間が妙に興奮した。

俺的な一番は、職場の飲み会で恵美ちゃんの隣に座って太腿やお尻を触りまくる事。
すぐ隣や目の前には同僚や上司がいる状況は興奮した。
恵美ちゃんがおじさん達と話してる時に、敢えて内腿をしつこく撫で回すとか。
必死に平静を装ってる恵美ちゃんを見るのが楽しみだった。
二次会では酔った男共にセクハラされてたけど、その都度引っ叩いていた(笑)
(彼女を好きにできるのは俺だけ)みたいな優越感があったなぁ。

トイレですれ違う時なんかにさりげなく尻の割れ目を撫で上げたりとか。
で、お開きの頃には俺も我慢の限界、田舎なもんで近くに駐車している恵美ちゃんの車の後部座席に二人で慌てて入って超イチャイチャ。
気持ちが昂ぶってるんで、彼女も我慢できないみたいに俺のズボン下げてくる。
そしてフェラで発射、ゴックン。
これが毎回だった。

本番はなし。
俺が拒んだ。
こんな時にも慎重な俺でした。
彼女は入れて欲しくて不満そうだったけど、俺的にはスッキリできたんでまぁいいかと。
不倫だから見つかると大変だからね。
用心に越した事はないよね。
彼女もその辺は良識というか、ルールはしっかりと分かってたんで付き合い易かった。
ただ興奮してくるとかなり大胆になってきてちょっと焦る事も多かったけど。

こういう日常のいちゃつきが、もう楽しくて仕方なかった。
もちろん、ホテルで心置き無くヤりまくるのも良かったんだけどね。
社内不倫って、本当に楽しいよ。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星