トップページ » 風呂にいきなり入ってきたお姉ちゃん

風呂にいきなり入ってきたお姉ちゃん

画像はイメージです

あれは中学2年生の時の、ある小春日和と言うには暑すぎるくらいの日だった。

その日は、学校の創立記念日で友達と朝から野球をしていた。
中3の姉も同じく友達とテニスに行くと言っていた。

夕方近くに帰ってきた俺が、すぐに風呂に入ろうと服を脱いでいると、「ただいまー」と聞こえたので姉も帰ってきたらしい。
とりあえず「おかえりー」と返して風呂に入った。

すると姉が一階に降りてきて、「げ、風呂使ってんの?」なんて言っている。

しばらくして「一緒に入っていー?」なんて聞いてきた。

「は?なんで?」

「汗だくで気持ち悪いー。いいじゃん、お母さんいないんだから」

「・・・」

「いいでしょー?入るよー?」

すると姉は本当に入ってきた。
シャワーをするだけのつもりだったので、浴槽の水は冷たいままだった。

うちの風呂は広くはない。
2人密着している状態だ2人入るのがやっとってところだろう。

姉が「お湯つけてよ」と言ってのでとりあえずガスをつけたが、そんなにすぐに温かくはならない。

このままだとやばいと思ったので、仕方なく・・・。

「とりあえずシャワー使っていいで。俺、浴槽入ってるから」

そう言って水の中に入った。
勿論壁に向いている。

少しシャワーの音がして、それからなぜか姉までが浴槽に入ってきた。

「うわっ、冷たっ」なんて言っているが、それどころじゃない。

うちの風呂は大きくない。
それは浴槽だってそうだ。
既に姉の体の一部が当たっている。

「だっ、だったらシャワー使ってろよ」

「いいじゃんそれじゃ冷たいでしょ?こうしたら暖かいよ」

そう言って姉は、がばっと抱きついてきた。
後ろからじゃなく横ぎりぎりから。
結果、ほぼ正面から抱き合う事になる。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星