トップページ » 犬らしく片足あげて小便しろ

犬らしく片足あげて小便しろ

画像はイメージです

先日、親友の仁美が一人暮らしの私の部屋へフラリと遊びに来ました。
仁美は学生時代からの親友で、女優の広末涼子と小雪を足したような美人です。
美しさを鼻にかけることもなく、優しく想いやりがあり、人懐っこくサークルのアイドルのようだった彼女の友達であることを、私は秘かに自慢に感じていました。

仁美が私の部屋から帰る際、「しばらく預かって欲しい」と紙袋を私に渡しました。
中を覗くとと数十本のDVDのようでした。


「これ何?DVD?なんでうちに?」と問いかけると「韓国ドラマの録画なの~。友達に借りてきたんだけど、今日は旦那が家にいるから・・・。持って帰り辛くて(笑)今度取りにくるまでお願いっ!!●●は韓流ドラマなんて興味ないから邪魔だろうけど」と答えが帰ってきました。

「韓流なんて、全く興味ないって言ってなかった?」

私が尋ねると、仁美は少し慌てたような素振りで最近はまったの」と早口で答えて帰っていきました。

それから数日、DVDのことはすっかり忘れていました。
ある日、風邪ぎみで会社を休んでいた時のこと。
高熱があるでもなく暇を持て余していた私は、DVDのことを思い出しました。
今思えば、それが間違いでした。

初めて韓国ドラマなるものを見てもいいかな?と私にしては珍しく預かったDVDを手に取りました。
きっと仁美も「韓国ドラマ」と言えば、私が見ることはないと思い、そう言ったのでしょう。
よく見ると、手書きで1から順に番号が振られています。
1と書かれたDVDをデッキに入れました。
再生すると、あまりの驚きに一瞬固まりました。

画面に出てきたのは仁美でした。
そして彼女の悲鳴でした。
それも、数人の男に組み敷かれ、無理やり服を脱がされている映像です。
すぐにストップしようと思いましたが、どうしても止めることができませんでした。
実はМなところがあり、レズにも興味がある私は、画面の中に映る仁美から目を離すことができなかったのです。
親友として、最低の行為だとは分かっていましたが、どうしようもなかったのです。

画面の中では必死に抵抗する仁美と、押さえつけて服をはぎ取っていく男達。
カメラを撮っている音もあり、動画を撮っている人と合わせると少なくとも6人くらいの男がいるようでした。

抵抗する度、平手打ちされ、髪を掴まれ引き倒される姿はいつも男性に憧れられていた仁美からは想像できるものではありませんでした。

「マキの男寝取った淫乱女。俺たちにもやらせろよ」

「大好きなサトシくんが悲しむかなー」

仁美の服を脱がせながら、男が口にした言葉が引っ掛かりました。
数年前、仁美には諭史くんという彼が確かにいました。
私が知る限り、彼女がいる男性と仁美が付き合ったのは最初で最後です。

「どうしようもなかった、どうしようもないくらい好きになってた」

「後から出会ったというだけで、全部悪者なんだよね」

いつもは男性に囲まれる女王様のような彼女が、恋で涙を見せた姿が印象的で今でも覚えていたのです。
結局その恋の結末は、彼の心変わりを知った彼女が仁美に連絡をしてきて仁美が身を引く形で終わりました。
私だけが知っていることですが、その時仁美のお腹には彼の子どもがいて一人で産む覚悟で何も告げず別れたのです。
その後、元々身体が強くない仁美は流産してしまい、当時の彼女の悲しみようは今思い出しても、こちらが泣きたくなるほどでした。

「一緒に歩くだけが愛してるの形じゃない。私はこの子がいれば頑張れる」

そう気丈に笑う仁美の姿を思い出しました。
男達のいうサトシが諭史なのか分かりませんが、何か関係があるのかもしれません。

画面の中では残酷なショーが続きます。
ブラとショーツのみになった仁美の身体を左右から押さえつけ、ハサミでゆっくりと唯一残った下着が切られていきました。

「御開帳~」とふざけたように笑いながら、2人が左右の足を持ち上げ思いっきり広げ仁美の陰部のドアップ映像になりました。
恥ずかしながら、その姿に私は興奮してしまいました。
その後、無理やり順番に犯されていく仁美の姿が延々と流されました。
DVDの1はそこで終わっていました。
普通のレイプ、と言っては失礼ですが、そう思っていた私は2を見てその考えを一変させられました。

私は夢中でDVD2をデッキに入れました。
1と同じ日の続きのようでした。
数人の男に順に激しく犯され、小柄な彼女の体はぐったりと床に横たわっていましたさて、とりあえずマンコを味わったところで本番といきますかー」と一人の男が言うと、まだグッタリしている仁美を足で軽く蹴りおい、四つん這いになれよ」と命令しました。
仁美が動かないと、別の男が鞭で彼女の白いお尻を打ちました。

SM用の本格的な物のようで、すぐにミミズ腫れのような傷がお尻に浮かびます。
悲鳴を上げた仁美はヨロヨロと起き上がり、「お願い、もう許して。もう満足したでしょう」と呟くように言って、散乱している自分の服を集めて、上着を羽織ろうとしました。
一人の男が思いっきり平手打ちし、仁美は床に倒れ込みました。
そこに再度鞭が振りおろされました。

「まだ分かんない?お前は奴隷なんだよ。人の男寝取るような雌犬にはお仕置きが必要だよねー」

「そうそう、汚い雌犬にお仕置きしてって頼まれてるからさー」

男達は泣いている仁美の前で笑いながら話します。

「まさかあの子に頼まれたの?」という仁美の問いは無視して「さあね?それより自分の立場分かった?汚い雌犬にお仕置きしてくださいって言えよ」と乳首を抓りながら男は言います。

「四つん這いになって、ケツ突き出せ。自分でケツ広げて肛門みせながら、汚い雌犬にお仕置きをしてくださいって言え」と仁美に命令しました。
仁美は泣いているばかりで答えません。
男の一人がデジカメの画像を携帯に転送し、犯されている仁美の画像を見せつけじゃあこれサトシに送るね、はいっ送信!!」と言った瞬間、悲鳴のような声で「やめて」と仁美が叫びました。

「やめて欲しかったら、やれよ。雌犬」
「やっぱりこいつ好きな人には見られたくないんだって」

と口ぐちに責めたてました。

「違う。見られたくないんじゃない。自分の大切な人や友達の本性サトシが知ったら悲しむからあんたたちみたいな最低な奴らが友達だったって知らせたくない。私はもう彼とは会ってないから、こんなことしても意味がない」

気の強いところのある彼女らしく、キッとした顔で男達に言い放ちました。

「へー優しいんだ。今は会ってなくても、その穴でやったんだろ?お仕置き必要だよなー。ほら早く四つん這いになれよ」

そう言われて、少し震えながら仁美は言われた通りの格好をしました。
その顔は、先ほどまでとは違い、どこか諦めのような表情でした。
今この瞬間を我慢して、守りたい何かがあるかのような決意の顔でした。

「もっとケツ突き出すんだよ」
「肛門丸見えだけど大丈夫?」

わざと辱めるような言葉が次々と投げかけられます。

「汚い雌犬にお仕置きをしてください」

そう言った仁美の目から涙が溢れました。
男達はまず仁美にリード付きの首輪をつけて、部屋の中を散歩させ始めました。
小突かれ、叩かれながら、ヨロヨロと四つん這いで歩く様は可哀想になるくらい惨めでした。

「犬のくせにまん毛生やしてんのおかしくね?」

男はそう言うと嫌がる仁美に「仁美のまん毛とケツ毛を剃って、つるつるにしてください」と言わせ本当に綺麗に剃ってしまいました。

「あーこれでサトシとエッチできないねー」などと、言われながら剃られているあそこや顔のアップが交互に映し出されます。
次に「犬だからシッポも必要」と言われ、四つん這いにした仁美の肛門にアナルビーズを入れようとしました。
それまで、諦めたように従順だった彼女ですが、かなり痛かったようで、身をよじって逃げようとしました。

「お願い、後ろはやめて。
他のことならなんでもするから」

彼女の悲痛な願いは無視され、「アナル初めてなんじゃね?この犬」「人の彼氏寝取るくらいなのに、肛門はバージンなんだ」などと笑われながら3人で動かないように押さえつけ、「犬には唾で十分」と仁美の肛門に唾を吐きかけアナルビーズを押し込んでいきました。

私自身、ネットでアナルビーズを買ったことがあり、画面の中の仁美と自分を重ね合わせいけないと思いつつ、興奮を抑えられませんでした。
アナルビーズの先っぽをお尻から出している様は、まるで尻尾のようです。
尻尾をつけた状態でまた部屋の中を散歩させられていました。
尻尾を思いっきり引きぬかれる時、仁美の哀しい叫び声がひと際大きくなりました。

「汚ったねぇ、こいつ糞つけやがった」

男がそう言って仁美から取りだしたばかりのアナルビーズを画面に近づけます。
確かに、ところどころにべっとりとうん◯がついていました。

「おら、自分で汚したんだから舐めろ」と仁美の顔に近づけましたが、さすがに舐めることは拒み、仁美は泣き続けていました。
土下座して「仁美は尻尾をうんこで汚した悪い雌犬です」と言わされお仕置きと称してアナルバイブを無理やりねじ込まれていました。
初めてのアナルバイブの刺激はすごいようで、獣のような声であえぐ仁美。

「少し黙れよ。
うるさいわこいつ」と男に言われ、「躾の悪い犬には口枷が必要でちゅねー」と笑いながら口枷を仁美に装着しました。
丸いボール状の良く見るあれです。
口が閉じられないことで、よだれどんどん垂れていきます。
さらに大きなアナルバイブに付け替えられた時、口枷の向こうで「うぅぅぅぅぅ」と苦しそうな仁美の声がせつなかったです。
散々アナルを甚振られ、ようやく口枷を外して解放されたとき、全く動けないくらい、仁美はぐったりしていました。
突然、「おトイレに行かせて」と男に頼む仁美、手で前を押さえています。
どうやら尿意を我慢している様子。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星