トップページ » 中は気持ち良すぎて止まれなかった

中は気持ち良すぎて止まれなかった

画像はイメージです

小、中、高と同じクラスだったミキは凄かった。
小学校4年くらいから明らかに他の女子より膨らんでいるのがわかった。
俺は家が近かったのもあり、ミキと仲が良く、マラソンの時は一緒に走った。

横を見ると、この世の物とは思えないほどブルンブルン揺れているミキの胸。
俺はずっと勃起しながらマラソンしてた。
でもこの時はまだミキに対して恋愛感情とかは無く、ただ胸のデかい友達と言う考えだった。


中学生になって、またミキと同じクラスになった。
ミキは成績や運動神経はいたって普通だが、とても優しく周りに気遣いができる女の子だった。
朝早くに起きて、ボランティアで駅の清掃をしていたのを見たことがある。

中学2年くらいから一緒に登校するようになった。
この時はもうセーラー服の胸元が盛り上がり方がハンパじゃ無かった。
たぶんEはあったと思う。
体育の時間、男子はみんなミキを見てた。
俺もこの時くらいからミキをオカズにして抜くようになっていた。
会話したり一緒に帰ったりしてるときも顔より胸に目が行くようになっていた。

別に顔が悪いワケじゃない、色白で相武紗季に似ててとてもカワイイ。
身長は150くらい。
男子にはとても人気があって、俺はいつも一緒にいるという理由で、先輩に呼び出されて脅されたり、靴を隠されたりしていた。
けど小学校のころから同じようなことをされていたので、もう慣れていた。
中学の修学旅行の班決めの時、俺はミキの他にあまり仲の良い友達がいなかったため、班決めであぶれた。
班決めが終わっていつものようにミキと帰っている時ミキが「女子と男子で組めれば良かったのに」と言ってくれた。
気を使ってくれて本当に優しいやつだなと思った。

そして修学旅行当日、俺は大した仲の良くないヤツらと無理矢理組まされていたので全然面白く無かった。
早くミキと喋りたくてしょうが無かった。
夜、ホテルでもずっと一人で退屈だった。
一緒の部屋のヤツラは騒ぎ疲れて寝ていた。小便がしたくなってトイレに行った。
するとトイレの前でミキと鉢合わせになった。

ミキは俺の方を見て近づいてきて「楽しい??」と言った。
俺は全然楽しく無かったので「いゃ、全然楽しく無い、早く帰りてぇww」と答えた。
するとミキは「今日は全然◯◯(俺の名前)と喋って無い・・・」と言ってきた。
俺もミキと喋りたかったので、「じゃあここで喋ろう」と言ったが、ここでは先生に見つかる可能性が高いのでトイレの中で喋ることになった。

そして俺は女子トイレに入った。
女子トイレに入るのは初めてで男子トイレとは全く違う雰囲気にドキドキした。
個室に二人で入って、いっぱい服を買っただの、金閣寺がとてもキレイだっただのと今日のことをミキはいっぱい喋った。
ミキが喋っている時、俺の目はずっとミキの胸を見ていた。

女子トイレの個室は狭くて、ミキとの距離は凄い近い。
ジャージに首がクタクタのTシャツだったためミキがジェスチャーとか、前屈みをする度に、大きな胸がブルンと揺れたり、胸の谷間が見えたりした。
よく見ると乳首がTシャツから見えた寝る前だからノーブラだったのかもしれない。
俺はますますミキの胸を凝視していた。
すると俺は段々興奮して勃起してしまった。

俺もジャージだったため見れば一発で勃起してるのが分かるくらいジャージが盛り上がっていた。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星