トップページ » 泊まらせる代わりに

泊まらせる代わりに

画像はイメージです

この間営業で出張に言ったときのことです。

出張先で飲み会に参加し、夜遅くなってホテルに帰ろうとして駅前の道を歩いていました。

すると、シャッターの閉まった軒下で、女性がうずくまっていました。
大丈夫か!?と声を掛けてみると、その女性は高校生ぐらいの女の子でした。

ただ何もすることがなくて座っていただけのようで、そのまま立ち去ろうとすると、「家出してるんで、泊まるところないですか?」と尋ねてきました。

もちろん期待を膨らまして、俺が泊まってるホテルに来ていいよ、と言いました。
彼女は高校を中退したあと家出して、友人の家などを渡り歩いているとのことですが、この日は泊めてくれる人が見つからなかったとのこと。


食事をしてないらしいので、ルームサービスで夕食をおごってあげました。
そのあと、シャワーを浴びたいと言ったので、バスルームを使わせてあげました。

ちなみに、彼女の名前はMちゃん、まだ10代でした。
Mちゃんがバスルームから出てきた後、早速アプローチ開始。

「Mちゃんって可愛いね~」と言いながら、Mちゃんを優しく抱き寄せました。

Mちゃんは特に抵抗はしませんでした。

「ねえ、明日も泊まらせてあげるからさ、しちゃおうよ?」

「うん、いいよ」

Mちゃんも泊まらせてもらう代わりにHをすることは予想していたようでした。
Mちゃんは自分から服を脱いで裸になりました。

日焼けサロンに通ったりしているらしく、カラダ全体が日焼けしていました。
もちろん私も服を脱ぎました。

Mちゃんはいきなり私のペニスをフェラしてくれました。
それなりにフェラは上手でした。
そのままベッドの上でシックスナインをしました。
家出していてアソコの毛は手入れしていないようでしたが、アソコはきれいなピンク色でした。
そのままMちゃんを仰向けにし、足を開かせました。

「入れちゃうよ?ゴム持ってる?」

「なしでいいよ・・・」

もちろんそのまま生でペニスを挿入しました。
Mちゃんのアソコは10代だけあって締まりがよく、妻よりもずっといいアソコでした。
Mちゃんはそれなりに可愛い子で、そのまま正常位で抱きしめ、ディープキスをしてあげました。
10台の女の子と生でセックスしたので、久しぶりにかなり興奮しました。

「イクよ、中に出していい?」

「うん・・・」

Mちゃんの承諾が会ったので、そのまま中出しをすることにしました。

「イクっ・・・」

思いっきり精液をMちゃんの中に放出しました。
妻にもこんなにたくさん中出ししたことはほとんどありませんでした。

Mちゃんのアソコからは精子がいっぱい溢れ出てきました。
そのあと、Mちゃんと色んな体位でたくさんHをしました。
バックで中出しをしたり、騎乗位で中出しをしたり、こんなにしたのは久しぶりでした。

次の日も、Mちゃんと中出しセックスをしました。
別れるとき、連絡先を交換しました。
またこっちに出張に来たとき、Hさせてあげるからまた泊めて欲しいとのこと。
出張は疲れるしストレスもたまりますが、Mちゃんのいる街へ行くのは楽しみになりそうです。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星