トップページ » 俺の顔またいでスカートめくって - @erbn.xyz

俺の顔またいでスカートめくって - @erbn.xyz

画像はイメージです

中学一年の頃、三つ年上の姉に困らせるつもりで、「ねえちゃんさぁ、オナニーするの?」って聞いた。
「するよ~、なんで?◯◯もするでしょ?」と即答されて、「・・・う、うん・・・」ってしどろもどろ言うと、ニヤリといやらしい悪い顔をして「へ~、するんだ。いつから?どうやんの?ちょっと見せてよ」と無理矢理ズボンとパンツを降ろそうとする姉。

「や、やめろよ~」と言いながら久しぶりの取っ組み合い(ちっちゃい頃はよくやったけど)
柔らかくてイイ匂いにちょっと勃起してしまい必死に抵抗。

しかしスラリと背の高い姉は力も強く、結局脱がされちゃうオイラ。


「やぁだぁ!おっきくなってんじゃん、お姉ちゃんで興奮しちゃったの?」

「・・・うん」

「やらしい子ねぇ、お姉ちゃん知ってんだから、私のパンツ持ってったりした事有るでしょ?」

「・・・」

「で?どうやるの?」

「・・・こう・・・」

仕方なくコスコス。

「へ~すごいねぇ、あっ固~い」

ちょんちょん触る姉、

「見たい?」

「え?」

「パンツ」

「・・・うん」

「えっち、姉ので興奮するかねぇ?子供の頃見てんじゃん」

「子供の頃とは違うよ」

「ふ~ん?ほれ」

とスカートを捲る姉。

「恥ずかしくないの?」

「弟にパンツ見られてもなんとも思わないけど」

「姉におっきくなったチンチン見られる方が恥ずくね?」

「見るだけじゃ無くて触ってんじゃん」

いつの間にかコスコスしてる姉

「アンタがちっちゃい頃も良く触ったよチンチン」

「だからぁ、子供の頃とはさぁ・・・」

「確かに昔は皮被ってたもんね、おっきくなると剥けるの?」

「・・・うん」

「へー、・・・なかなか出ないねぇ」

「出さないよ!」

「えぇ~何でよ、見た~い!」

「いや、この状況でイケないでしょ」

「なんでよ?」

「いや、さすがにマズイでしょ」

「じゃあ今履いてるパンツあげるからさぁ、JKの脱ぎたてパンツ」

「JK、言うな」

「いらないの?」

「・・・い、いる」

「えっち!」

床に倒れてる俺の体から離れてスックと立ち上がると、なんの躊躇も無くスルスル脱いで「ほいっ」と俺の顔に。
クンカクンカ、ちょっと酸っぱい匂いが・・・。

「ほらっ、出して」

「いや、そんなすぐには・・・」

「も~、焦れったいなあ、どうすれば出るのよ~」

「・・・俺も触りたい・・・」

「えっ!?何?私?何処を??」

「・・・取り合えずオッパイ・・・」

「とりあえず~?も~」

と言いながら横に添い寝する姉。

「いいよ」

「ホントに?じゃ、じゃあ」

シャツの中に手を入れようとすると、

「ちょっ!ちょっとぉ直接?」

「ダメ?」

「う~ん?まぁいいか・・・」

・・・ヤッタア、ゴソゴソ、ブラ、ジャマダナ・・・。
パチンっ!ホックにてこずる弟、見るに見兼ねて自分で外す姉。
!すっげ~!柔らかけぇ~!もう上にのしかって顔埋めながら夢中でモミモミ。

「ちょっとぉ~、イク所が見たいんだけど!」

「俺は生オッパイが見たい」

「・・・別に良いけどさぁ、なんか調子乗ってない?」

「お願い!お願いします!」

「・・・ボタン外して・・・」

震える手でボタンを外す俺、色白の姉の胸はちょっと小さくて、ピンクと言うよりはやや茶色の乳首がいやらしく上を向いてて・・・。

「姉ちゃん!」

無意識にむしゃぶりついてしまいました。

「ちょっ!ちょっとぉ!ダメよぉ、赤ちゃんみたい、何も味しないでしょ?」

姉、冷静だな・・・。
ゆっくり乳首に吸い付く弟を引っぺがし、「さ、もういいでしょ?早く出して!」そういうもんじゃないんだけどなぁ・・・。

「おかずが無いと手でしごくだけじゃあイケないよ」

「おかずぅ~?十分あげたでしょ?」

「いや、同時進行じゃ無いと・・・」

「・・・ふ~ん、で?」

「・・・下も~、見たい・・・、みたいな・・・」

「言うと思った。言っとくけど見るだけだからね!触っちゃダメよ!」

「うん!うん、触らない!」

「・・・どうやるの」

「逆向きで、俺の顔またいでスカートめくって・・・」

「・・・69ってヤツぅ?まったく変な事ばっか覚えて・・・」

おずおずとまたぐ姉、ペロンとめくったスカートがエロいです。
結構な毛の量の姉のあそこは、色白な肌には不釣り合いな黒さで、逆に卑猥な感じに見えます。
(毛深いんだなぁ・・・)オシリの方にまでチョロチョロおケケが・・・。

「はやくぅ~!」

言われるまでもなく、明かにさっきまでとは違う速さでしごく俺。

「もっと中まで見たい、指で広げてみせて」

「え~?ホントにえっちだねぇ!」

「こう?」

人差し指と中指で広げて見せる姉、初めて見る女のアソコは気持ち悪いぐらい赤くて、どっちかってゆうとグロテスク。

「早く!」

器用に左手でアソコ広げながら、右手の肘で体を差さえつつ、指先で俺のチンチンを擦ったり弾いたりする姉。
うっ!

たまらず発射してしまう俺、いつもの三倍ぐらい出たかも?

「すっご~い!こんなにイッパイでるんだ~!」

・・・いや、いつもはもっと少ないんですけどね。

「・・・姉ちゃんのオナもみたいな」

「それは無い!」

またしても即答。
姉、男前です。

「口止めにブラもあげるよ、母さんに言わないでよ!」

「言わないよ!言えないよ!」

「そりゃそーだ、あっ、引き出しに隠してるパンツは返してね、アレお気に入りだったの」

「って使った?アレに出すの?なら要らないけど」

「いえ、手に持って感触楽しんだり、匂い嗅いだりしただけで・・・、出して無いです・・・」

「ふ~ん、じゃ返してね、・・・私を想像してやるの?」

「・・・」

「へ~、じゃあ今日良かったね。これネタにまた出来るね」

姉・・・、男前です。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星