トップページ » バックが本当に最高だった

バックが本当に最高だった

画像はイメージです

登場人物
俺・・・雅之(26歳。サラリーマン。平凡男。容姿普通。ファッションは少し頑張っている程度。性格温厚)
俊雄・・・俺の友人(サラリーマン。ちょっと軽い目。浮気も結構しているが、ばれないようにやるタイプ)
和美・・・俊雄の彼女(会社事務。身長160弱。50キロ位。酒井わかなに似ていて可愛い。胸が大きい(Dカップ)。性格は女の子らしいと思う。)

ある土曜日、俺は彼女もいないので、家で一人テレビを見ていた。
すると、俊夫の彼女の和美ちゃんから電話がかかってきた。


今まで和美ちゃんの携帯から電話がかかってきたのは、俊雄の携帯の電源が切れた時とかに俊雄が一時的に利用するだけだったのだが、今日俊雄は和美ちゃんに嘘をついて合コンに行ってるはず。
つまり二人は一緒にいない。
なんとなく嫌な予感がしたが、電話にでてみた。

俺「もしもし。和美ちゃん?どうしたの?」

和美「うんうん。なんでもない。ただ暇だったからかけてみた」

俺「そうか。俺も暇でさあ。土曜日なのに一人でテレビなんて見ちゃってるよ」

和美「雅之君さあ、今日俊雄がどこにいるか知ってる?」

俺「(やばいと思いつつ)あー今日一緒じゃないんだ」

和美「たぶんていうか、知ってるんだけどさ、今日俊雄女の子と飲んでるんだよ」

俺「・・・」

和美「雅之君、知っているんでしょう?(笑いながら)」

俺「うん。ああ。なんかそんなことを前に聞いたような気もするなあ」

和美「はー(ため息)やだなあ。なんで嘘ついて行くんだろう」

実を言えば、俺は前から和美ちゃんのことを相当可愛いと思っていて、それなのに俊雄は和美ちゃんを全然大切にしていないということもあって、こんな会話をしている最中に俺の中で何かいけない気持ちが大きくなっていった。

俺「なんだ。元気ないなあ。それなら俺たちも俊雄に対抗して飲みに行っちゃうか?」

和美「え!?本当に!?行きたい、行きたい。すごく行きたい」

俺「(一瞬迷ったが)じゃあ9時頃迎えにいくよ」

和美「わかった。急いで準備するね」

あまりの急展開に自分でも信じられなかった。
友達の彼女と二人で飲みに行こうとしている俺。
いや飲みに行くだけ。
その時は自分にそんな言い訳をしたような気もするが、今となってはまあそんなことも無意味だな。

9時前に和美ちゃんの家の前に到着。
携帯を鳴らし、着いたという連絡を入れる。
すぐに和美ちゃんが現れた。
和美ちゃんの格好はジーパンにカーディガンというラフなもの。

まずはドライブへと向かった。
どこの店に飲みに行こうとか話しているのだが、全然店が決まらず、とりあえず海岸線をずっと走っていた。

俺「ごめんね。なんかいい店全然しらなくて。あんまり、飲みに行ったりとか回数少ないからなあ」

和美「私も全然しらない。でも、雅之君は嘘ついて合コンとか行かないもんね」

俺「嘘をつくのは駄目だと思うけど、彼女がいても飲み会に行きたい気持ちはなんとなくわかるなあ」

和美「じゃあ彼女が出来ても、飲み会とか行くの?」

俺「いや、たぶん俺は行かないと思う。行きたいと思うけど」

和美「ほら。そこが違うじゃん。俊雄と」

こんな会話を延々と繰り返しながらただドライブをしていた。
もうこの時点で俺は店で飲むことを諦めたので、俺の家で飲もうと提案すると、あっさりOK。
俺の中のいけない気持ちは、さらに大きくなった。
コンビニで大量の酒と摘みを購入し、家に帰った。

とりあえず、ビールから始めて、徐々にチューハイにうつるという感じだった。
ちなみに俺も和美ちゃんも酒はあんまり強くない。
俺の方が若干強いくらい。

(2時間後・・・すでに二人とも酔っ払い気味)

和美「私、別れようかなあ。なんかこういうことあるたびに思うけど、今回はいつもよりそういう気持ちが強いかもしれない」

俺「そうだよ。別れちゃえよ。それでさ、もっといい男とかみつけなよ。世の中俊雄よりいいのなんていくらでもいるよ」

和美「じゃあ雅之君に面倒みてもらおうかなあ」

俺「おう。いくらでも面倒みてやるよ。どこにでも連れていってあげちゃうよ」

ここで突然俺の携帯に俊雄から電話がかかって来た。
机の上に携帯を置いていたので、和美ちゃんにも名前を見られてしまった。
どうしようか迷っていると、和美ちゃんから「出て」とうながすアクション。
とりあえず出てみた。

俺「もしもし」

俊雄「まさゆきー。やばいよー。今日はかなりの当たりだよー。3人中2人がめちゃめちゃ可愛い。これから家飲みしてくるからさあ。お前も今度誘うからよー」

俺「おう。頼むな」

俊雄「それじゃあ、また電話するわ、じゃ」

俺の携帯は会話のボリュームを全開にしてることと、俊雄の声もめちゃめちゃテンションが高くて、大きかったので和美ちゃんには全部聞こえていたらしい。

和美「・・・・・(無言)」

俺「(なんか酔いが一気に冷めてしまった。なんて言えばいいかな。)」

いきなり和美ちゃんがこちらに寄ってきて、抱きついてきた。
いきなり泣き出した。
俺はただ、その体勢のまま、抱き締めてた。

5分ぐらいたった頃に俺の中で確実に何かがはじけてしまった。
もう耐え切れなくなってしまった。
和美ちゃんの顔をこちらに向けさせると、涙で顔はぐしゃぐしゃだった。
しかしそれがまた余計に可愛かった。
俺は1,2秒程、和美ちゃんを見つめ、キスをしてみた。

唇が重なった瞬間に舌を入れようとすると、和美ちゃんもOKだったらしく、そこから激しく濃厚なキスがはじまった。
あんなに濃厚なキスをしたのは生まれて初めてだった。
いけないシチュエーションも一役買っていたと思うが。

濃厚なキスを繰り返しながら、俺は胸を鷲掴みにして揉みまくっていた。
和美ちゃんのカーディガンを脱がせ、上はTシャツだけにした。
そのうち、Tシャツの中に手を入れて、さらにブラの下から手をいれて、乳首責めをしてみた。

和美ちゃんがはあはあ言い出したので、これはいける!!と思い、ここで電気を消灯。
和美ちゃんのTシャツを捲り上げ、ブラのホックを外して、乳首に吸い付いた。
和美ちゃんの胸は驚くほど柔らかく、そして美しかった。
乳首の色、形も俺の理想だった。
アダルトビデオを含めたとしても、あんな美乳は見たことがないくらいだった。

俺「和美ちゃんのおっぱいすごい綺麗だね」

和美「んーぅ」

なんだか、乳首が性感帯らしく言葉にならない様子。
とりあえず、和美ちゃんのジーパンも脱がしてみた。
そして俺もトランクスをぬぎ、素っ裸に。
二人でベッドへ移動。
本当にあの日の二人は少し変だったと思う。
キスからそう思っていたが、前戯も本当に興奮したし、濃厚で本能的だった。

俺「和美ちゃん。俺のにも気持ちいいことして」

和美「うん」

フェラがはじまった。
なんだか本当に信じられない気持ちだった。
友達の彼女が俺のをくわえている。
興奮せずにはいられなかった。

罪悪感というものはこの時点ではあまりなかった。
和美ちゃんのフェラはそれほど上手とは思えなかったが、口でつつみこんでくれるようなやさしい感じがして、とても気持ちよかった。
フェラを5分くらいやったところで、いよいよ挿入へ。

俺「じゃあいれるよ」

和美「うん」

和美ちゃんににゴムをつけてと言われるかと思いきや、あっさりOKだったので、そのまま挿入した。

俺「和美ちゃん。やばい。まじで気持ちよすぎる。すぐいくかも」

和美「いついっても、いいよお」

本当に俺はすぐにいきそうだった。
まじで1分くらい。
流石にそれは早すぎるだろうと思って、色々体勢変えたり、ちょっと間置いたりして、5分くらい頑張った。

俺「ああ。やばい。そろそろいきそう」

和美「いいよ。いっても」

俺「ああいく。いく」

そして中出しする俺・・・何をしてるんだ俺。

和美「ゴムつけてたんだ」

俺「いや・・・つけてないんだけど」

和美「え!中でいっちゃったの?」

俺「ごめん。興奮しすぎた」

和美「もう。しょうがないなあ。たぶん今日危険日じゃないからよかったけど」

かなり怒られるかと思いきや、全然怒ってなかった。
ちんこを引き抜いて、ティッシュでお互いふきふき。
セックスが終わると、すぐに寝てしまうという俺だったが、あの日の俺は違った。
ふきふきしてすぐに和美ちゃんにフェラをしてくれと頼み、ぐきぐきっと復活。
またすぐに挿入した。

今度は正常位から、騎乗位、バックへと体位を変えつつやった。
バックが本当に最高だった。
胸を掴みながらやっていたんだが、その柔らかさと、後ろから突くたびにゆさゆさ揺れる感じがとてもエロチックだった。

俺「和美ちゃん。本当に綺麗だよ。本当気持ちいい」

和美「んぅー。んっ。ああん」

俺「そろそろいくよ。また中でいってもいい?」

和美「いいよ中でいっても」

俺「ああーいくー」

というわけで2回目も中出しをしてしまった。

この後はちょっと話をしたり、インターバルを置きながら一晩で6回もしてしまった。
4回目くらいからは完全に酔いが醒めていたが、かまわずやった。
結局次の日の昼間過ぎに和美ちゃんを家まで送っていった。

あれから半年たった今でも和美ちゃんは俊雄と付き合っている。
俺は時々あの時のことを思い出して胸が苦しくなる。

あの日から俺の中で和美ちゃんの存在は全く違うものになった。
でも友達の彼女だし、告白をするつもりはない。
なんとなく今ではあの日のことはないことになっているような雰囲気さえ俺と和美ちゃんの間にはあるけれど、仕方ない。
また何か動きがあればここで報告したいと思う。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星