トップページ » ある親戚女性の不倫の末路

ある親戚女性の不倫の末路

画像はイメージです

私の親戚の女性。
結婚し、子供一人いたのに、すべて捨てて男性と駆け落ちした。
残された夫は再婚し、新しい家庭を作った。

残された息子にとっては義母・・・。
互いに苦労もあっただろう。弟も生まれた。

当の女性は、同棲は解消・・・。
すぐに別れたらしい。
それから、ずっと一人・・・生活も苦しかったらしい。

婚家のすぐ近くにあった実家には、出入り禁止。
実家も随分うしろ指を指されたとのこと。

数十年の年月が過ぎ、その女性が数年前に亡くなった。
わずかな親戚だけの淋しいお葬式だったらしい。

そこからが・・・。

誰もお骨と位牌を受け取らなかったそうだ。

実家は弟の代で、その弟も亡くなって、弟嫁は「出て行った姉は、恥さらし」と・・・。
断固として受け取らなかった。
成人した唯一の息子も、父親や義母の手前、受け取るわけにはいかない。
残った親戚でも、押しつけ合い、誰も受け取らない。
仕方なく、ある親戚が、家の仏壇に位牌をおいているらしい。
亡くなった女性にすれば、よその家の仏壇に迷惑そうに置かれている。
みじめなものだろう・・・。

みんなは、陰で、ゆくゆくは息子に引き取ってもらうしかない・・・と。
父親や義母が亡くなってからのことだろう。
でも、そうなると、その女性、元夫のご夫妻と一緒のお墓・・・?

家族や実家や親戚中に迷惑かけ、亡くなった後も、みんなを悩ませ、自分も粗末にされ・・・。
そんなこと、家を飛び出す時は、何も考えてもいなかっただろうなぁ。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星