トップページ » 本番!?そんなことしたらお金とるよ

本番!?そんなことしたらお金とるよ

画像はイメージです

俺は二十歳で高卒。
職業は一応、自営業になるのかな。
仕事が忙しくてなかなか女と遊ぶ機会が無いからちょくちょく風俗利用してる。
童貞は去年、風俗で捨てた。
そんな俺が風俗(童貞捨てた所と同じ)に行ったのは、先週の今頃だった。
金がちょっと余ってたから、久々(一年ぶり)に行くか、と思った。

一年ぶりにその風俗店に行くと、一年前に在籍してた娘は辞めていた。
45分で17000円、ホテル代は3000円のお店。

今までは安いピンサロや、指名量なしで14000円・出張料2000円のデリヘルなんかを利用してた。
20000も払ったら本番してくれるかなあ、と漠然と思っていたから、久々の贅沢だと思ってこの店を選んだ。
出向いたのは正午頃、24時間営業らしいが、15分くらい待たされた。
仕方ない。

で、出てきた女の子は1年前のよりも美人ではなかったかな。
1年前の子は清楚な黒髪で、実にいい感じのつるぺただったから。
今回の子は、茶髪で、歳は俺より何歳か上なくらい(後に調べたら、確か24だったか)。
でもまあ、そんなことはどうでもいいなあ、と思った。
俺の頭には本番のことしかなかった。
俺は嬢と手を繋ぎながらホテルへ向かった。
1年前、童貞だったころを思いだし、緊張してるよう演出すればいいかなあ、と思い、ぎこちなく「緊張してます」と言った。
嬢はきゃはきゃは笑いながら、「まあそういう人もいるわ」と言った。

で、嬢が言うところによれば、「今日はイケメンの人が相手で、ちょっと緊張してます」とのこと。
で、「イケメンじゃないです」と言うと、「でも、よく言われるでしょう?」と。
俺もアスペ(診断済み)なもんで、「はい」と正直に答えた。
実際、イケメンと呼ばれることは年に五回くらいあった。
すると、「そこは正直に答えるんだ!きゃははははは!」と笑われた。
俺は一体どう答えたものか解らなかった。

さて、ホテルに着いたら、45分という短さもあってかなり慌ただしかった。

「早くしなきゃね?」という嬢の言葉に従って、急いで服を脱いだ。
俺は常時ノーパンだから時間は掛からなかったが、嬢は女の子だからちょっと掛かった。
これは仕方ない。
バスルームで体を洗ってもらったが、一年前よりちょっと丁寧な気がした。
一年前は、身体にシャワーを掛ける程度だったけど、今回はボディーソープを付けてもらったし。
うがい薬は一年前と同じだったが。

うがいが終わった後は、ぎこちない動きでベッドまで。
とりあえずキスをして、舌を絡め、唇から顎へチュッチュと移動し、顎と耳をベロベロ舐めてみた。
いつも行くピンサロの巧い嬢がしてくれることで、俺もデリヘル呼ぶたびに試していた。
しかし、今回の場合は嬢の方が先に動いた。
何と言うか、この時に嬢の方はちょっと乗り気だったらしい(後で語ってくれた)。
向こうの方からペロペロと顎を舐めてきて、ちょっと時間を掛けながら、乳首、腹部へと嬢の愛撫は進んでいった。

そしてまあ・・・ギンギンに勃っていた俺の一物を、縦長にべろーっと舐めてくれた。
実を言うと、これは俺が一番して欲しい行為だった。
亀頭よりも、その下のほうを上下に舐めて欲しい。
ペニスを愛撫してるっていう実感が俺の中にある。
それを何度か繰り返しながら、ぱくっと亀頭を咥えて貰った。
もう、くすぐったさにも似た快感が俺の中でぞわぞわ~っと背筋を駆け巡った。
できればくすぐったくしてほしくない・・・いいや、して欲しい・・・みたいな。
そんな愛撫をしている途中、嬢が訊いてきた。

「何か、して欲しいことはありますか?」

俺はここで少々迷ったが、思い切って訊いてみることにした。

「本番・・・してもいいですか?」と。

すると嬢の回答は、「ええっ!?本番!?そんなことしたらお金とるよ~?」だった。

「いくら取りますか?」と訊いたら、「5000円」とのことだった。

さすがに更に5000円払うだけの余裕はないよなあ・・・と思い、本番は諦めた。
45分と時間も短いんだし、とりあえず俺はイかせてもらうことにだけ集中することにした。
とりあえず嬢の口が、俺の男根を咥えてジュポッジュポっと上下する。
流石にそれは手慣れたもので、デリヘルの娘より巧いと思った。
ピンサロの娘よりかは上手くないけど。
あの娘はあんま可愛くないが、彼女を買えばもう極楽や・・・。
そんなことを考えながら、俺はイった。

(話はこれからだ)

あっさり、実に淡泊にイった。
嬢は口内に射精された精液をティッシュペーパーに吐き出した。
さあて、あと何分くらいあるかなあ・・・と思ってタイマーを見れば、何とまだ15分もあるではないか!あれっ、まだこんだけしか時間経ってなかったかなあ、と思った。
しかし無理はない。
45分と短めの時間を取っただけあって、神経質な俺が「早くイかねば・・・」などと余計なことを考えていたのも事実だった。
とりあえず俺は、「煙草吸っていいですか?」と嬢に問うた。

「いいですよ」とのことだったので、俺は鞄から「わかば」を取り出して吸った。

何か・・・裸の女の子と、煙草を吸う長髪の男・・・。
ドラマみたいだなあ、と思い、嬢にその旨を告げると、「そうですね」と言い、彼女はきゃはははと笑った。
実に明るい娘だった。

さて、煙草を吸いながら俺は嬢のかかとに触った。
実は俺は脚フェチであった。
しかも真性のマゾヒストだった。
しかしSMクラブに行くより、何となくホテヘルに行こうと思ったのだ。
嬢のかかとを、くるくると円を描くように撫で回した。
すると嬢もまた、くるくると俺のかかとや、太腿を撫で回した。
煙草の火が消え、俺は「わかば」を灰皿に押し付けた。
それでも何分かは指先での愛撫が続いていた。
我慢できず、俺は床に直接跪き、ベッド上の嬢の足を舐め回した。

足の甲から指の股にかけ、俺は丹念に舐め回した。
とりあえず、嬢の足のネイルが剥がれぬようにだけ気を付けておいた。
嬢は、「そんなとこ舐めちゃばっちいよ~」とだけ言っていたが、特に抵抗も何もしなかったので舐め続けた。
足からふくらはぎへ、徐々に太腿へ、そして陰部に差し掛かった。
(そういえば以前、ピンサロ嬢の足を舐めた時、舐めた時点でもうショーツの中はぐちょぐちょだった。けれど、今回の嬢はさほど濡れてなかった)

ちょっと湿った陰部を、俺はペロペロと、犬のように舐めた。

陰唇、小陰唇、陰核を舐めるにあたって、どうやら嬢が感じるのは左上のヒダヒダだと思った。
同じ女性でも感じる部分は色々とある。
俺が相手にしてきた中で、とりあえず一番感じると思ったのは、クリトリスの下、陰唇が逆Y字に交接する地点だった。
けれども彼女は、そこはあまり感じなかったようだ。
とりあえず女性器全体を舐めるとして、積極的に左上のヒダヒダを集中的に舐めていった。
あと、濡れてきたので人差し指を突っ込んで、Gスポットをそっと撫でた。
すると嬢の身体は、びくっと電気に触れたように海老反りになった。

ほんともう、びくっ、びくっとかなり大きな振動だった。
最初、彼女はずっと俺の舐める顔を眺めていたようだ。
しかし彼女の背中とベッドの間とは、次第にくっつかなくなっていった。
調子に乗って、俺は左上のヒダヒダと、Gスポットとを、少しだけ、激しく愛撫しだした(AVみたく激しくは無い)。
そのうちに彼女の痙攣はビクッ、ビクッ、と相当激しいものになっていく。

「大丈夫かな・・・これ」と思いつつ、更に激しくしていった途端だった。

「イ・・・イクッ・・・」と彼女は小さい声を上げた。
その何秒か後、びゅっと俺の顔に何かが掛かった。
正直、鼻に入って俺の方も「がほっ」と変な声出した。

本来、俺は客だから店員から気を遣われるべき存在だったと思う。
けれども彼女は俺に全然気を遣わなかった、むしろベッドの上でぐったりしてた。

「あ・・・あのん・・・」と言うくらいが精いっぱいで、恨めし気に俺に死んだ魚のような視線を寄越すだけだった。
仕方ないので俺はティッシュペーパーで顔の液体をふき取った。
その頃、ちょうどよくアラームが鳴り始めた。

「あー、時間だ」と嬢は言った。
けど寝そべったまま何もしない。

「あの、時間ですよ」と俺は訊いた。
けど、「ああ、うん」と答えるばかりだ。
ずーっと、ほんと、ぐでーんとしてるようだった。

「ああ、はい・・・時間ね」と言いつつ、彼女は立ちあがった。
しかしまるで、貧血患者のように拙い足取りであった。

彼女を立ち上がらせるまで、かなりの時間が掛かった。
立ち上がらせても、彼女はほんとクラクラのようだった。
もう、棚に手を付きながら、ひたすら立っていた。

「大丈夫ですか?」と訊いたら、「ああ、うん、大丈夫」とだけ答えていた。
本当に大丈夫かはちょっと心配だった。
バスルームで体を流して貰ってる時、ちょっと訊いてみた。

「あの、本当にあの時、イっちゃったんですか・・・?」

すると嬢は、ライオンのように顔をしかめてみせた。
ぐしゅう、と。
後はただ顔を背けるばかりだった。

あとはあまり無駄口利かず、ホテルのエレーベーターまで辿り着いた。
エレベーターの中、嬢は「今日、もう仕事出たくない」といった。

「えっ、何で?」と問うと、「疲れたから」とのこと。

「はい、誰のせいでしょーか?」

「俺のせいですね」

俺は答えた。

ホテルから出ると、嬢は俺の襟足の髪を優しく触ってきた。

「まさか、あんな早くイかせられるとは思ってもみいひんかった」と言ったので、「俺もです」と答えておいた。
後は、店まで手を繋いで帰って行った。

嬢を店まで送り届けると、代わって店の人が出てきた。

「今回の娘、サービスの方は充分でしたでしょうか?」みたいなことを訊いてきたので、「ばっちりです」と答えておいた。

「逆に、悪かった点は?」と訊かれたので、「ないです」と答えた。

「特に、良かった点とかはありますでしょうか?」とのことだったので、さすがに「イくとは思わなかった」とは答えづらく、「本人に訊いてみてください」と苦笑いで答えておいた。
そのまま俺は自宅へ帰った。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星