トップページ » 同じ研究室の女の子

同じ研究室の女の子

画像はイメージです

研究室に仮眠部屋があって授業行くのが面倒になって仮眠してたら、隣のパソコンのある部屋で物音がして目が覚めた。

泥棒かと思ってそっと覗いたら同じ研究室のJ子がパソコンでエロ動画見ながらオナってた。

ほとんど話したことない大人しそうなJ子なので、見てるだけで物凄くエロかった。で、逝くまでずっと観察した。

「うっ・・・くっ・・」って言いながら一人で果てたのを確認してからそっと近づくと、気が付いたJ子はあわててスカートを戻した。

何か言いかけたので肩に手を置いて「大丈夫誰にも言わないから」とJ子の顔を見ると真っ赤になって下を向いた。

スカートから見える足には、上げる暇のなかったパンツが膝下あたりにあった。

太ももの内側からスカートの中に手を入れるとJ子は一瞬だけ抵抗したけど、内股から中心に届く頃にはされるがままになってました。

J子はこれでもかと言わんばかりにびちゃびちゃで、触った途端「あっ」と小さく声を出し指でまさぐるたびにビクンと体が反応した。

ひとしきり触ってから今度は顔を近づけると「だめっ・・」っと小声で言うので無視して薄い目の茂みに顔をうずめた。

J子は椅子から落ちそうなくらい反応して感じていたようだけど声を我慢していたので、余計にお互い興奮させられてそのままJ子を床に押し倒してしまった。

今思うと授業の無い他の人が来るかもしれないからと焦っていたのか興奮しすぎてたのか、押し倒してすぐにJ子に生で挿入してしまい、不覚にも中で果ててしまいました。

終わってから中である事の重大さにお互い気が付いて慌てましたがどうする事もできず、他の人には内緒にしようという事に。気まずいのかJ子は帰りました。

それからJ子は1週間くらい学校に来ず来るようになっても気まずい雰囲気で、ほとんど話す事はありませんでした。

それから1か月くらい後にあった飲み会でベロベロに酔ってしまい、目が覚めるとホテルでJ子と全裸で寝てました。

どうやら酔ってJ子に強引に迫ったらしくそのままホテルへGOだったそうです。

さすがにお互い居辛かったのですが研究室をやめるわけにもいかず、また付き合う訳でもなく卒業までほとんど会話せずに終わりました。

今思うと2回も中出しして良く助かったもんです。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星