トップページ » お姉ちゃんがしてあげよっか?

お姉ちゃんがしてあげよっか?

画像はイメージです

俺が彼女の部屋でお茶を飲みながらマターリしていると。

「ただいま~」と米倉涼子似の姉(以降姉)が帰ってきた。

姉の部屋は隣で俺の居る部屋を横切り部屋に戻ろうとしたが、ハッ!と何かを見つけたように俺の居る部屋を覗きこんだ。

「君、◯子の彼氏?」と聞かれたので俺は少し緊張しながらも「はい、まだ付き合いだしたばかりなんですけど」と答えた。

その後も色々と質問責めにあいながらも俺は綺麗な人だな~とか思いながらぽ~っとしていると・・・そして質問がお決まりの「◯子とエッチした?」だった。


俺はまだ◯子とはエッチしてなかったので「まだしてないです」と緊張して答えると、

「・・・お姉ちゃんがしてあげよっか?」

俺は迷った地球がひっくり返るくらい迷った。

数分迷っていると姉の手が俺のチンコをズボンの上からさすりだしたのだ。

「早く決めないと◯子きちゃうよ?」

目は完全に上目遣い。
俺はもうどうにでもなれという思いと是非お願いしたいという思いと彼女に申し訳ないという思いがぐちゃぐちゃになってなにも言えずなすがままになっていた俺は決めることができないまま、姉に触り続けられていた。

「出しちゃうよ?」

姉は俺のズボンのチャックを下ろし、パンツの中から器用に俺のチンコを外に出した。

「わ~結構大きいね♪興奮しちゃうヨ」

そう言って俺の生チンコを慣れた手付きでシコシコとシゴキだした。

「どぉ?気持ちいい?」

俺はもう出そうなのをグッとがまんして何も喋らない。

「私もねぇ・・・なんか興奮してきちゃった・・・」と姉はセーターをまくり上げ自分で胸を弄り出した。

俺は心の中で「マジッすかー―――――――?」とか思いながらもイクのは我慢したW

なかなかイかない俺に対し、手コキしながらオナる姉。

そうこうしてるうちに姉が「気持ちよくない?イけないの?」と半分涙目で訴えてくる。

俺は無言のまま頭の中は今までに直面した事のない状況でどうしていいかわからず混乱&はぁはぁ。

そしてついに姉が「いいもの見せてあげるね♪」と言って俺のチンコから手を放しジーンズを自ら脱ぎだした!更に興奮&混乱する俺。

さらに姉はにこっと微笑むとパンティをずらしマンコを晒し栗を弄り始めた。
手古希も続いている。
もうチンコは爆発寸前。

姉が「舐めてあげるね」とチンコに顔を近ずけた瞬間俺は姉に顔射してしまった。

「いっぱい出たね」と嬉しそうな姉の顔は俺のザメーンでべちょべちょだった。

二人で後処理をしている所へ彼女登場。
慌てて部屋から逃げる姉。
全身の血の気が引く俺。

「あぁ・・・終わったよ・・・。やっと彼女できたのに・・・でも美人なお姉さんにシゴかれたしオナニーも見れたからよかったのかなぁ・・・」

訳のわからない事を考えながらも俺はチンコをしまうのを忘れていたのでした。
そんな16歳の冬の日でした。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星