トップページ » 割り切りJDのパンティを嗅ぎながら、正常位でSEX

割り切りJDのパンティを嗅ぎながら、正常位でSEX

画像はイメージです

割り切りの援交娘とパコパコしてきた初めて会ったとき彼女は大学3年のJD。

カフェで写真で選んでトーク、実物もなかなか可愛く、即店外デートへ。

カラオケにいった歌もけっこう上手。メアドを渡して、次回でもいいので「割り切り」で会えないかとお願いしたら援交に手慣れたJDで「今日でもいいよ」とのことうれしい展開にかなりどきどきしながら近くのきれいなホテルへin。

洗面所の前で服を脱ぐ彼女。
小柄なほうで、胸も大きくはないがキュっと締まっているが、女性らしい丸みもあるボディでやっぱりかなり好み。

顔は、卵型で目はややまぶたが厚い感じだが切れ長で鼻筋も通っているが高すぎない。

お互いシャワーを浴びてbed inおとなしいタイプで受け身だが、bed上で顔を合わせるとほんのり赤みを帯びて、目は濡れている胸はB~Cカップ位か触ると割りに大きい乳首がピンと勃ってくる。

下のほうに手を伸ばしていくと、小さく可愛らしいパンティをはいている。

パンティフェチの自分には最高。

パンティの上からいじると、じめっとした湿気が指に伝わってくる。

脱がせる露骨にM字開脚&マンぐり返しして、じっくりクンニしまくり可愛らしくスケベな声を堪能。

いよいよゴムをつけて挿入。

小柄な体を屈曲位でさらにコンパクトに畳み込んで、じわじわと挿入(俺のペニスは大きいほうで、彼女の穴は小さいようなので)根元まで埋め込むと、すごく気持ちいい。

彼女も切羽詰まったようなエロい声を出す思いついて、枕元に脱ぎ捨ててあった小さいパンティを手に取り匂いを嗅ぐかなり興奮し激しくピストン。

彼女はそれに気づいてちょっと困ったように微笑した。

エンコウなので口でキスはしない。

彼女の頭を抱き、いい匂いの髪の生え際にキスしたり小さいおっぱいを握り締めたりしながら、大量射精した。

その後は、月イチ程度でずっと援交娘と会っている。

彼女は今年大学を卒業し、運よく(容姿も関係?)金融関係の会社にはいれた。

ここが身の引き時とも感じた。

こちらからは連絡しなかったが、5月の連休に彼女から連絡があり、OLになった彼女とエンコウした。

最近はカラオケにいくこともなく、あったらすぐホテルだしセックスの内容も
最初のときとほとんど変わらないが、まったく飽きずに同じ様に興奮する。

こいいうHな割り切り娘との関係はなかなかやめられない。 


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星