トップページ » 最後の一滴まで亜弥の体内に射精していく

最後の一滴まで亜弥の体内に射精していく

画像はイメージです

「ねぇ、お願いがあるんだけど」

一緒に下校していた亜弥が、いきなり深刻な顔をして僕に話し掛けて来た。

「どうしたんだよ、そんな深刻な顔して?」

「◎◎ちゃんにしか頼めない事なんだ。断らないって約束して!」


亜弥とは長い付き合いだけど、こんなに真剣な顔をして頼まれた事は無い。

「わかったから言ってみ?」

「・・・あのねぇ、私のオッパイ、吸って欲しいの」

「・・・ハァ?」

「はす向かいの彩さんが言ってたんだけど」

「彩さんて石黒さんチの彩さんだろ?お嫁にいっちゃってもう居ないじゃないか」

「この間子供連れて帰ってきてたの。でさ、子供にオッパイ吸われたせいで思いっきりちっちゃくなっちゃったなんて言ってたんだ」

話が見えない。
たまに亜弥はこんなおかしな事を言い出すことがある。

「だから、◎◎ちゃんに吸ってもらえば私の胸も小さくなるかなって思ったの。断らないって言ったんだから、協力してよ!」

そうなのだ。
昔から思い込みで行動する奴だった。
まあ、断る理由は・・・無いよな。
丁度僕の家に到着したので立ち止まる。

「じゃあ、僕の部屋に来る?」

「うん」

カギを開け、家の中に入った。
幸い家族は誰もいないみたいだ。
僕は亜弥を自分の部屋に招きいれると、そっとカギをかけた。

「じゃあベッドに仰向けに寝てみて?」

「うん」

「ほら、胸ださないと僕が吸えないよ?」

僕がそういうと、亜弥は恥ずかしがりながら服を捲りあげた。
ブラも一緒に上にずらしたので豊満な胸が露わになる。
良い形じゃないか!なんでこんなオッパイもってるのに不満なんかもつんだあ?
まあ、僕がオッパイを吸ったところで小さくなるわけないんだけどね。

亜弥のおっぱいを目の前に、興奮して自分の息が荒くなってくるのがわかる。
僕は吸い寄せられるように亜弥のおっぱいに顔を寄せると、両手で胸を揉みながら乳首を吸いだした。

「◎◎ちゃん、吸ってくれるだけでいいんだけど・・・」

「バカだなあ。赤ちゃんは胸を揉みながらオッパイ吸ってるだろ?だからオッパイは揉まないとダメなんだよ」

「そっか」

亜弥の乳首は、吸っているうちにすっかり硬くなってきた。
我慢しきれなくなったのか、亜弥は鼻にかかった喘ぎ声を出し始めた。
その色っぽい声につられて、僕の下半身も硬く大きくなってくる。

「あん、左胸ばかりじゃなくて・・・右胸も・・」

「ん?そうだね」

舌の先でオッパイの谷を舐めながら隣の乳首に移動し、こちらの乳首も思いっきり舐め回す。

もやもやした気持ちがどんどん溜まっていくのがわかる。
襲いたくなる気持ちを必死に抑えてきたが、ダメだ。
もう我慢の限界だ。

「亜弥、もう僕我慢できないよ!」

スカートをまくり、股の間に手を入れてパンツを脱がそうとした。
スカートの奥に見えたパンツは、いやらしいシミで濡れていた。
パンツに手をかけ、そのまま下に下ろそうとした。

「ちょ、ちょっと、何するつもり!」

「亜弥のお願い聞いたんだから、僕の願いも聞いてくれよ!」

抵抗してくるかと思ったけど・・・してこないな。
なんだか潤んだ目で僕を見つめてる。
これは、続けていいって事なのか?
まあ、止めるつもりも無いけど。
腰を上げてパンツを脱がせやすいようにしてくれたので、そのままするりとパンツを抜き取った。

たちまち亜弥のアソコが露わになる。
ピンクっぽい肌色のアソコが濡れて光っていた。
ズボンのジッパーを下ろす手ももどかしくペニスを取り出すと、亜弥のアソコにあてがう。
しかし、童貞の悲しさで、どこに入れていいのかよくわからない。
亀頭をアソコに擦り付けながら困っていると、亜弥が手を伸ばして入り口へといざなってくれた。

「ここ・・・だから」

「あ、ありがと。じゃいくよ!」

腰を落とし、亜弥の膣内へと亀頭をねじ込んでいく。

「痛っ」

いかにも痛そうに顔を歪めている。
なんだか亜弥をいじめてるようで、可哀想になってきた。

「なあ、そんなに痛いなら止めとくか?」

「ううん。いいの。続けて?」

「じゃあいくぞ?」

更に腰を落とし、なんとか亜弥の膣内の奥深くまでペニスをおさめた。
亜弥が痛みを感じない様にゆっくりと腰を動かす。
うへえ!あまりに気色が良すぎて腰が引きつる。

亜弥は眉間にしわをよせながら、目を瞑って痛みをこらえている。
僕だけが快感を得ている事に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
しかし、体の方は快感を得ようと、勝手に腰を動かしていってしまう。

亜弥の出す声に、なんとなく快感の色がみえてきたかな?って時に、不意に射精感が襲ってきた。
それは、僕に我慢させる事を許さずそのまま亜弥の膣内に爆発させてしまった。
脳天に駆け上がってくる快感に支配され、腰を亜弥に密着させながら最後の一滴まで亜弥の体内に射精していく。

射精が終わり、途端に冷静になった僕は、心配になって亜弥に話しかけた。

「中に出しちゃったけど、大丈夫?」

「うん。今日は大丈夫な日だから」

「そっか」

安心して亜弥の体から腰を引いた。
引き抜いたばかりのアソコからは、僕が出した精液が溢れ出してきて、シーツを汚している。

傍らにおいてあったティッシュを大量に抜き取り、溢れ出す精液を拭い取る。
ティッシュがアソコに触れた瞬間、亜弥は鼻にかかった色っぽい声をあげた。
シーツにこぼれた精液を拭いていると、亜弥の初めての印がついている事に気がついた。

「僕が初めてで良かったの?」

「初めては◎◎ちゃんってきめてたから」

急に愛おしくなって亜弥にキスをした。
そして、狭いベッドに亜弥と二人、同衾する。

「◎◎ちゃん、お願いがあるんだけど」

「ん?なに?」

「腕枕してもらってもいい?」

僕は黙って腕をのばすと、亜弥の頭の下に置いた。

「オッパイ吸われたらちいさくなるなんて、本当は思ってなかったでしょ?」

そういうと、亜弥は僕の方をみてニッと笑った。

「だって、◎◎ちゃん、なかなか私に踏み込んできてくれないんだもん」

全ては亜弥の思いのままに動いてたってわけか。
さすがに僕の事をよくわかってる。
でも、なんか納得いかないんだよなあ。
ハメラレタ・・・。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星