トップページ » 中学生になればお互いに性の対象

中学生になればお互いに性の対象

画像はイメージです

今回は中学生のセックスについてです。
思春期の年頃ですから、セックスにも非常に興味のある時期です。
実際に勃起したおちんちんをおまんこに挿入して腰を振り、お互いの性器を擦り合わせてセックスをしている中学生もいるようです。

中学生の男の子だって、女の子とセックスすればおちんちんが気持ちよくなってきて射精をしますし、中学生の女の子だって男の子とセックスすればおまんこがびちょびちょに濡れてとっても気持ちいい気分になります。
中学生同士の男の子と女の子でも、大人と同じようにおちんちんをおまんこに出し入れし、ベッドの上でズッコンバッコン腰を振って気持ちよさそうにラブラブなセックスをしているのです。


私の周りでも、中学生のときにセックスをしていたカップルはいました。
現在はもっと多くの中学生カップルたちが仲良くセックスをして、異性と性器を結合させる気持ちよさを味わっているはずです。

中学生のセックス体験率は、男子:3.6%、女子:4.2%という調査結果がでています。
高校生のセックス体験率よりも低めではあります。
中学3年生だけに注目してみると、セックスの体験率は、男子:6.8%、女子:8.7%となっています。
セックスをしたことのある人が1クラスに2、3人いてもおかしくない数字です。
これらの中学生は童貞、処女を卒業しており、盛んにセックスをしているのですね。

思春期であり、性に目覚め始める年頃です。
中学生頃が一番セックスに対して貪欲な時期ではないでしょうか。
男の子は常にムラムラしており、好きな子がクラスにいても不思議ではありません。
小学生のころ性教育でセックスについて学んだときには、「こんなことするなんて恥ずかしい」なんて思っていたでしょう。
しかし、中学生になると性に目覚めます。
中学生の男の子なら、好きな女の子ができればその子とセックスしたいと思うのは普通です。

「同じクラスの◯◯ちゃんとセックスしたい!◯◯ちゃんのオマンコにオチンチンを入れて激しく愛し合いたい!」とか考えているでしょう。
中学生の男の子と女の子が付き合い始めれば、デートをしたりするでしょうし、キスもするはずです。
そして上記の割合でセックスもするわけです。

また、小学生のころから友達だった男の子と女の子も、中学生になればお互いに性の対象となります。
小学生のころから友達だった男の子と女の子も、中学生になるとベッドの上で激しいセックスをする関係になっているということもあるのです。
仲のよい友達同士で遊び感覚でセックスをしたりすることもあり、複数の異性とのセックスを経験している中学生も多くいます。

もてる男の子は何人もの同級生とのセックスを経験しているでしょうし、色んな女の子のオマンコにオチンチンを挿入し、女の子によってオマンコの位置、色、形が違うことも知っているでしょう。
どの女の子とのセックスが一番興奮するとか、どの女の子のオマンコが一番締め付けが強いとか、どの女の子のオマンコがヒダが多く膣粘膜がオチンチンにねっとりと絡みついて気持ちいいとか、色々なことを知っているでしょう。

また、可愛い女の子は多くの男の子とのセックスを経験し、同じく男の子によってペニスの形や大きさ、セックスの仕方が様々であることをしっているでしょう。
女の子の間で、誰のオチンチンが大きいとか、セックスがうまいとか、情報交換をしているかもしれませんね。

多くの中学生たちはセックスのことを「とっても気持ちよくて楽しい行為」という風に理解しており、異性と性器を結合させて精液を出すという、「子供を作る行為」をすることに少しの抵抗もないのかもしれません。

まだ中学生である男の子と女の子がセックスをし、中学生同士で肉体関係を持つこと。
これは彼らにとって今までにない快感を味わう行為です。

女の子のおっぱいの柔らかさ、生の身体を抱く感触、おまんこに勃起したおちんちんを挿入する感触。
男の子の筋肉質な身体に抱かれる感触、はじめて見る男の子の勃起したおちんちん、自分のおまんこにおちんちんを挿入される感触。

どれもこれも新しい感触です。

そしておちんちんをおまんこから出し入れするときのニュルニュルとした感触はセックスをしている中学生の男女にとって初めて味わう最高の性的快感となります。
これまで異性と体液を出し合い、肌や粘膜を擦り合わせることはなかったでしょう。

また、異性の出した体液にまみれたり、異性の出した体液が身体の中に送り込まれるといった経験もなかったでしょう。
とにかく今までになかった経験や快感に興奮し、中学生の男女は童貞、処女を卒業するのです。
そうした気持ちよさを貪るようにセックスをし、異性と性器を結合させたまま夢中で腰を振り合って、おまんこの中に勢いよく射精することで、お互いの欲求は満たされ、そしてしばらくしてまた性欲に満ち溢れてきます。

中学生の時期は性欲旺盛で、動物としては一番子供を作るのに適した時期ですから、そんな欲求が次々に沸いてくるのは仕方の無いことです。

中学生のセックス体験率と、携帯電話の使用時間との間には関係があるということがわかっているそうです。
携帯電話をよく利用する中学生は、セックスをする確率が高くなるようです。
やはり、携帯電話の普及によって、異性との会話の機会も増えるのでしょうね。

また、直接だと恥ずかしいことも、メールを介することで相手に思いを伝えることができます。
セックスを誘うメールのやりとりの増加によって、多くの中学生たちがセックスをする機会を掴み、異性とのセックスに励む甘酸っぱい青春時代を過ごしているのです。

中学生同士であってもセックスをして中出しをすれば子供ができます。
むしろ、まだ若く性欲旺盛であり、激しいセックスを頻繁に行うことができ、さらに新鮮で濃厚な精液を大量に射精することのできる中学生のほうが、大人に比べて子供を作る能力は高いと言えます。
そんな中学生のカップルが中出しセックスを何度もすれば、すぐに子供ができてしまうことでしょう。

中学生が一度中出しを経験すると、その気持ちよさからはなかなか抜け出すことができません。
中出しがとっても気持ちいいので、何度も何度も中出しセックスをしてしまうのです。
特に、男の子は精液がすぐに溜まってしまい、性欲が強いですから、女の子の膣内に精液をたっぷり送り込みたいという欲求で頭がいっぱいになるのでしょう。
そうして実際に女の子とセックスをしまくり、膣内に大量の精液を送り込んで妊娠させた中学生もいます。
モテる男子中学生は何人もの女子とセックスに励み、彼女らの膣内にたっぷりと精液を送り込んで気持ちいい思いをしていることでしょう。

実際に、中学2年生の男子生徒が同じ学年の女子生徒40人との中出しセックスに励み、そのうち3~4人を妊娠させたという話も聞いたことがあります。
たくさんの同級生のおまんこにおちんちんを突っ込んで腰を振って性器同士を擦りあったのです。
同級生とのセックスでとっても気持ちよくなった男子生徒はおまんこの中で射精して、女の子のおまんこの中に精液を送り込み、とっても気持ちよかったことでしょう。
中学2年生にして同級生の女の子40人に精液を送り込んで数名を妊娠させるというのも、かなり特殊な例ですが、このようなことが1件でも起こってしまうことは問題ですよね。

中学生の妊娠中絶についてですが、数年前の厚生労働省の調査では15歳以下の女の子の中絶件数は1年間で1364件ということがわかっているそうです。
この数字には一部高校生も数に含まれるとは思いますが、多くの場合、中学生同士でのセックスがあったと考えてよいと思います。

そして、実際に中出しをしている中学生カップルはこの数字よりも多いと考えられます。
精神的にもまだ子供である中学生同士の男の子と女の子がセックスをして子供を作っているんですね。
もちろん彼らにも、中出しが大人の男女が子供を作るために行う行為であり、この気持ちのよい行為に妊娠のリスクがあることは性教育などで分かっていたと思いますが、思春期の有り余る性欲を満たすために直に性器を結合させて、子供を作る行為に励んでしまうのでしょう。

中学生のカップルはお互いの肉体を求め合いながら何度も何度も生のおちんちんをおまんこから出し入れし、最高の快感を味わいます。
中学生同士の若い性器がニュルニュルとこすれあう感触を直に感じることができるのでとても気持ちよいはずです。
中学生の女の子のおまんこは締め付けも強いのです。

女の子のおまんこの粘膜が男の子のおちんちんをぎゅうぎゅう締め付け快感を与えます。
その上膣内のヒダが男の子の射精を促すために、おちんちんに絡みつき、おちんちんを刺激します。
それによって気持ちよくなった男の子はガマン汁を出しながら女の子の膣に、おちんちんを出し入れし続けます。
激しく興奮している中学生同士の男女の結合部からは愛液が溢れ出すはずです。
好奇心旺盛な中学生の男女なら、正常位だけでなく後背位や騎乗位など様々な体位でのセックスを楽しむことでしょう。

そうしているうちに射精しそうになってきた男の子はピストン運動を止め、おちんちんをおまんこの奥まで深く挿入します。
そして中学生の男の子は絶頂に達し、同級生の女の子のおまんこの中で射精します。
おちんちんを脈打たせながら気持ちよさそうに女の子のおまんこの奥に「びゅっびゅっ」と大量の精液を送り込むのです。

まだ中学生である男の子は本能に従って女の子のおまんこに深くおちんちんを突っ込んで射精しているため、おちんちんに女の子のおまんこの粘膜が絡みついたままです。
温かくて締め付けが強いおまんこに根元までおちんちんをいれ、その状態で思う存分中出しをするわけですから相当気持ちよいはずです。
そんな肉体的な快感を味わうと同時に、男の子は自分の射精した精液が、同級生の女の子のお腹の中に流れ込んでいることを実感しています。

同じ中学生である女の子のお腹の中に自分の遺伝子を送り込み子孫を残す行為を行っていることを実感し、性的な本能は満たされます。
同級生の女の子と子孫を残す行為を行っていることを実感している男の子は強い満足感を味わい、性的な興奮も最高潮となるのです。

また、男の子が射精しているとき、女の子は自分のおまんこに挿入されているおちんちんが激しく脈打っているのを感じることができます。
それにより女の子は、男の子が自分のおまんこの中に精子を出していることを実感し、激しく興奮します。

これは紛れもなく男女がお互いの精子と卵子を受精させて子供を作る行為であり、若くて性欲旺盛な中学生の男の子と女の子が、性的に激しく興奮して本能のままにセックスをし、中出しという最高に気持ちのよい行為をするわけですから、その満足感は大きなもののはずです。

女の子は月に一度排卵がありますが、実際にはセックスをしたときに排卵が誘発されることもあるようです。
中学生どうしでの若くて濃厚なセックスをし、お互いに性的興奮も激しくなっているはずです。
男の子が激しく気持ちよさそうに腰を振り続け、硬く勃起したおちんちんで女の子のおまんこを突き上げます。
さらに濃厚な精液が膣内にドバドバ送り込まれて、女の子は最高にエッチで気持ちよい気分になっていることでしょう。
そうすると、その性的な満足感に誘発されて排卵が起こることもあるのです。
中学生の男の子が白くてネバネバした精液を女の子のおまんこに中出しすると同時に排卵が起こるというならば、それはとても妊娠しやすい状態となるはずです。

男の子は同級生の女の子のおまんこの中に精液をどくどくと送り込みながら、とても満足そうな表情をしていることでしょう。
また、女の子も自分のお腹の中へ男の子のおちんちんから精液が送り込まれていることを感じ、幸せそうな表情をしていることでしょう。

やがておちんちんの脈動はおさまり、射精がおさまってきます。
射精後も性器を結合させたまま性的快感の余韻に浸っていたり、射精しながら腰を振っているかもしれません。
中学生と若く性欲も強いですから、中出し後もそのままピストン運動をはじめ、2発目に入る中学生カップルもいることでしょう。

セックスが終わると男の子は女の子のおまんこからおちんちんを抜きます。
女の子の愛液によってビチョビチョになったおちんちんが女の子のおまんこからニュルリと抜き取られ、それと同時に男の子が女の子のおまんこの中で出した精液がドロリと溢れ出します。
この光景を見て中学生の男の子はきっと興奮することでしょう。

さらに、妊娠を防ぐために女の子が下腹部に力を入れて精液をおまんこから出そうとしたり、男の子が指をおまんこに入れて精液をかき出したりするでしょう。
しかし、このようなことをしても男の子の精液は女の子のお腹の中に大量に残ることになります。
そして、男の子が女の子のお腹の中に送り込んだ数億の精子のうちの1匹と女の子のお腹の中にある卵子が受精し、女の子が妊娠してしまうのです。

このように、同級生の女の子のとの気持ちのよい子作りセックスによって、1年間で1300人もの男子中学生たちが同級生の女の子のおまんこの中に精液を送り込み、女の子を妊娠させているのです。
一人の男子中学生が複数の女子中学生に中出しして妊娠させた例もあることでしょう。

ヤリたい盛りの年齢であるにも関わらず大半の中学生たちがセックスをしない中童貞を卒業し、中学生にして同級生の女の子とヤリまくり、生のおちんちんを女の子のおまんこの奥まで突っ込んで射精するという最高に気持ちのよい行為をし、同級生の女の子のおまんこの中に精液を送り込んで孕ませた男の子たち。
自分の子供ができたときは、どのように感じたのでしょうね。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星