トップページ » 先輩は勢いよく両手で加奈の胸を引っ張りあげた

先輩は勢いよく両手で加奈の胸を引っ張りあげた

画像はイメージです

あれは今から1年半くらい前の話・・・当時まだ大学1年だった俺はある大学の薬学部に通っていた。
大学ではソフトテニスのサークルに入り、まあそれなりに大学生活を楽しんでいたんじゃないか。

大学のサークルは割とまじめにテニスもしていたし、ただちゃらちゃら遊ぶサークルというよりは、サークルと部活の中間ってかんじ。
そんで、1年の夏休み、近くのある大学いくつかが集まって交流戦というものがあった。
これは毎年行っているもので、近くの4つの大学が集まって、昼はテニス、夜は飲み会をして親睦を深めようってやつだ。
俺は正直その交流戦にはいきたくなかった・・・なぜなら、新1年生はそこで自己紹介を兼ねて芸出しというものをやらされる。
先輩いわく、毎年恒例だから。


いつもやること一緒だから・・・正直嫌だわ・・・だって男はシモネタだらけの芸で、さらにはビデオでまで撮られて後々さらに笑われるのだ。
女の子の方もなかなか非難の声が上がるやつで、服のしたに水着を着てて、水着を脱いで自己紹介ってやつ。
女の子の中にはいままでこれが嫌でサークルを辞めた人もいるとか。
でも伝統的にやってるからやらざるを得ないのが現状。

まあそんなこんなで、俺も1週間前くらいから準備して、本番に臨んだわけ。
俺の役は男友達Aに無理やり犯される女の子役。
なんでこんな役・・・じゃんけん負けたから・・・勝ちたかった。
まあ仕方ないかと思うと、さらなる難関。
犯される時につけるブラジャー1人で買いに行ったよ。
これは結構恥ずかしい。

まあこの話は面白くないから、省略。

そして当日、まずはテニスをするために、わざわざ滋賀県まで来るまでいきました。
今日は滋賀にお泊りです。
お泊りっていうと響きはいい気がするが、全然いいとこじゃなかった。
1年男子は8人いるんだけれど、4人1部屋で2つの部屋に分けられた。
とれあえず荷物だけおいて、テニスの試合。

ここもまあ省略。

で、テニスの試合終わって旅館に帰ってきましたと。
シャワーをダッシュで浴びて、芸の準備を持って飲み会会場へいかなければ。
シャワーは10分で浴び、この前買ったブラジャーをバックから出そうとした。
探す・・・探す・・・あれ?ブラジャーアパートに忘れてきた?やべぇ、あれがないと芸にならない。
必死で探したが、やっぱりない。
朝急いで机の上におきっぱなしにしてしまったみたいだ。
とりあえず、先輩に電話。

「◯◯先輩~ブラジャー忘れてきちゃったんで生乳でいいですよね~笑」って感じでかる~いのりで電話したら、「お前!あれないとあの芸何が面白いんだ!どっかで調達してこい」と真剣に怒られた。

1年男子で相談した・・・コンビニにもいって見た。
が、ない。

そして最終手段として、同学年の女の子に借りようと言うことになった。
そして同学年の女の子に電話同学年の女の子は3人だまずその3人について書こう。

まず美樹。
美樹は身長は150後半くらいですらっと足が長くてすらっとスタイルがいい(気がする)女の子だ。
テニスは中学のときからやってたみたいで、なかなかにうまい。
性格は明るくてめっちゃしゃべる感じだ。

いつも会話の中心にいる子である次は藍。
身長は割と高く、165cmの俺と一緒くらいだろうか。
基本細い子なのだが、おしりだけなかなかボリュームがあり、後ろから見るとエロいっていうのが俺の印象。
高校の時から3年付き合っている彼氏がいるみたい。

最後は加奈加奈は身長は150後半くらい。
おっぱいがでかい、というのが最初の印象だ。
顔は目が大きくて、ちょっとだけ童顔。
太くはないのだが、中肉中背くらいで、性格は女の子っぽいとこと、男っぽいとこが共存している。

そして話は戻ろう。

電話をかけたのは美樹にだ。
理由をいって頼んだんだけれど、そんなの恥ずかしいし無理むり~と一蹴された。
ほかの2人にも聞いてもらったがNGみたいだ。
しかしそれでは、らちが明かないので、女子部屋を訪問。
俺も本当にてんぱっていたので、状況と先輩の怒りを真剣に説明。

「ほんとお願い!今度学校の裏のとこの焼肉全員におごるから、な」と言うと美樹が「全員におごってくれんの?貸すのは1人でも全員?」と聞いてきた。

俺が「もちろん」と言うと、美樹がみんなに、「じゃあじゃんけんして負けた1人が貸そうよ」「まあ焼肉あるし、じゃんけん負けたら仕方ないか。でも誰に借りたとか絶対内緒だからね」と加奈。

そしてじゃんけんがはじまった。
美樹が「最初はグー、ジャンケン」ぽんで一斉にだした。

美樹ちょき。
藍パー。
加奈ちょき。

藍が負けた。

藍は「え?まじ?ほんとにうち貸さないといかんの?」とためらっていたが、時間もなかったので、俺は早く借り受けたかった。

「まじ頼む、時間ないんや」と言うと、藍はしぶしぶバックのほうにいっブラジャーをとってきてくれた。

「絶対にうちから借りたっていわんでね」と念を押され、白色の花柄のブラジャーを恥ずかしそうに渡された。

藍の顔可愛かったなあ~。
俺は飲み会の会場でつける場所と時間がないので、ここでつけていくことにした。
上半身はだかになり」藍につけてもらうことに。
ところが、藍のブラでは俺の胸にはめたときにホックが止まらないそう、藍は結構細い子なのだ。

「え~これ以上やると、ブラ壊れちゃうよ・・・」と一言。
俺は、藍がだめだなら、加奈だなと思って加奈を見ると、藍と美樹も加奈の方を向いていた、その時、廊下から先輩の声。

「1年おせ~ぞもう出発や!!」と言われたので、加奈が「わかった、わかったよ、私のならはいるんでしょ」といって、意外とすんなり貸してくれた。
ブラはつける暇がないのでそのまま袋にいれて持っていった。

そして飲み会へ。
前置き長くてすいません。
飲み会会場につくと、俺らの大学は完全に遅刻だった。
もう飲み会は始まっていて、とりあえず席のくじを引いて席についた。
席について、「遅れてすいません」といって自己紹介していると、いきなり俺らの大学の芸出しだというので、裏に回ることに。
裏でブラジャーは友達につけてもらった。
ピンク色でヒモのとこに花柄がついた可愛いやつだ。

藍のブラよりもサイズは大分大きい(カップ数もアンダーも)気がしたが、とりあえず気にせず準備した。
芸が始まり、最後の場面、俺は友達にカッターを破られ、ブラを剥ぎ取られ、侵されるシーンに。
ブラは剥ぎ取られ、みんながみている席の方に投げられた。
そして、僕は友達の男に犯される真似事をされていた。

会場からは失笑・・・。
友達に乗っかられながら、会場に目をやると、投げられたブラは会場の一番前の他大学の先輩の手に握られていた。
先輩たちが何やらニヤついているのがわかる。
そして犯されるシーンが終わり、エンディングだ。
水着の女の子3人が登場するシーンだ男が裏側に戻り、最後の音楽を流そうとした瞬間、会場のほうから大きな声で、「でけ~Fカップだって、誰のだこれ~」という声が聞こえた。
俺は、「加奈、Fカップなんだ~」と興奮しながら、とりあえず役目は終わったので、女子の水着姿でも拝んでやろうと思い、席に戻った。
エンディングでは女子が、水着(上だけ、下はジーパンなど)の上にシャツをはおった格好で登場し、一人ずつ自己紹介をするという構成だ。
エンディングの音楽に合わせて、まず1人目が前にでてきた。

美樹だ。

美樹は◯◯美樹です、と自己紹介して、白いシャツをばっと脱いだ。
下からは黄色のビキニが現れた。
さっきブラをとった先輩から「何カップ~」ととっさに質問。
美樹は答えるべきなのか、答えなくていいのか困って回りを一瞬見渡したが、場の空気をよんでか、「Cカップです。
よろしくおねがいしま~す」と最後にセクシーポーズとして、胸を寄せてみせ、かえっていった。
会場からは胸を寄せた瞬間、「おぉ~」というざわめきがおこった。

次は藍だ。

藍も案の定自己紹介を終えると何カップ~という質問攻めに。
藍は白んおビキニではずかしそうに「うち胸ないんで~、想像してください」といって自分の胸を軽く揉んでみせた。
会場は熱気に包まれていた。
同級生の俺らも、もうかなり興奮していて、一緒になって会場を盛り上げていた。

最後は加奈だ。

加奈はちょっと恥ずかしそうに下を向いて歩いてきて下を向いたまま、「◯◯加奈です。よろしくおねがいしま~す」といってちシャツを脱いだ。
シャツの下からは黒のビキニに包まれたおおきなおっぱいが現れた。
会場はもう拍手喝采。

一番前の先輩は「Fカップ、Fカップ」とコールをかけている。
顔が真っ赤になった加奈は、そのまま後ろに戻ろうとしたが、前に座っていた誰かが、「セクシーーポーズは~」といったので、その場にとまってしまったえ?え?困って立ち止まっていると、前にいた女の先輩(かなり酔っ払っていた)が、「は~い、セクシーポーズ協力しまぁ~す」といって前にでていった。
そして加奈の後ろにたつと、「ちょっとごめんね~」と一言後ろから加奈の大きな胸に手をかけた。
後ろから胸を揉まれる格好になった加奈は真っ赤な顔をしていたが、加奈はこの先輩がよっていることなど考えていなかったのだろう。
愛想笑いをふりむまいていたその時・・・後ろからでていた先輩の手は、胸を揉むのではない行為をし始めた。
俺は加奈の胸元と先輩の手に注目していたが、すべてがスローモーションに見えた。
まず先輩の手は加奈のおっぱいの下に入れられた。
まだ胸を手で支えているような格好である。
そこから手は序々に上へ向かった。

加奈はまだ愛想笑いをしている。
先輩の手は加奈の胸のラインに沿って上へ下乳がややでている加奈の白い胸とビキニの境界線までゆっくりと動いていくそこまでは胸をさする動きと何ら変わらなかった。
そこからだそこからだった。
??という疑問が俺の頭をよぎったのは。

先輩の伸びていた手の指が序々にまがる人差し指、そして中指がまがりビキニと胸の境界で止まった丁度ビキニの下縁に2本の指がかかっている。
黒いビキニの中に2本の指がはいっていった。
次の瞬間先輩は勢いよく両手で加奈の胸を引っ張りあげた。

というよりビキニをひっぱりあげたのだ。
加奈は一瞬何が起こったのかわからず1秒くらいとまっていただろうか。
加奈の両胸は丸見えになってしまっていた。

「でかい、そして色白でエロイ体だ」乳輪は大きくも小さくもないだろう。
今まで付き合ったどの彼女の胸よりもきれいなピンク色をしていた。
乳首はうすい茶色。
立ってはいなかったが、そんなに大きくはないだろう。
俺は頭にしっかりと焼き付けてしまった。
そしてその次の瞬間、加奈は「きゃぁ~」といって、その場に座り込んだ。
会場が一気に静かになった。
うちの大学の女の先輩がとりあえず抱きかかえて裏につれていった。

その後はわからない。
飲み会からは加奈は帰ったみたいだった。
その夜男子の部屋ではもちろんその話題で持ちきりだったことはいうまでもない。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星