トップページ » 尻に入れられても感じるように

尻に入れられても感じるように

画像はイメージです

あるとき、土曜の半ドンでの学校の帰り。
カノージョをデートに誘って断られた友人を、俺が「たまには男の付き合いも大事だ!」と街まで誘って夕方まで遊び歩いたことがあった。

午後五時頃、お互いに「夕飯は外で済ませてから帰るわ。帰りは九時頃になると思うから」と家に連絡を入れた後、俺達はあるファミレスで晩飯を済ませた後、適当にゲーセンで遊んで帰るつもりでした。
奴と俺の戦績は9戦六勝三敗で俺の勝ち。
ちょっと金を使いすぎたので、俺はそのまま勝ち逃げするつもりでしたが、負けが混んでる友人が俺を帰してくれませんでした。

「それなら、俺の部屋で勝負しろ!」と・・・。


午後八時頃、友人宅へ到着。
そのまま挨拶を告げ、あがろうとすると、玄関に何故か友人の彼女の靴がありました。

「用事があるから・・・」と彼氏の誘いを断った女の靴が!いぶかしみながら俺達は足音を忍ばせて玄関をあがりました。
すると、「ゴルァ!◯◯(彼の名前)と俺、どっちがいいんだッ!!」「あぁぁあああっ、・・・(馬鹿弟の名前)!・・・の方が好き!・・・の方がイイのぉッ!」というデカイ声がリビングから・・・。

そっと覗いた先では、激しく腰振ってました。
友人の彼女が・・・。
激しく腰振ってやがりました。
彼の弟が・・・。
そして、それを好色な笑みを浮かべてビデオに納めてる彼の実父の姿がありました。
俺は頭の中が真っ白になりましたが、友人は顔面を蒼白にしてました。

「ねぇ?◯◯って好きな人いるとか・・・聞いたことがない?」

二年前、照れくさそうな顔で俺に彼に告白するかどうか迷ってると相談した彼女の顔がそのとき何故か唐突に思い出されました。
呆然としている俺達を後目に、弟の腰振りは更にスピードアップ、それに匹敵するくらいの早さで彼女の腰振りも早くなり、そのまま体を痙攣させて絶頂を迎えました。
一部始終をビデオに納め終えた父親がハァハァと荒い息を付く彼女の顎をグイと持ち上げねっとりとディープキスをはじめました。
数十秒後、女から口を離した父親は楽しそうに目を細めながらこう言い放ちました。

「N(彼女の名前)、さっきの電話は誰からだったと思う?」

「ん~、そんなのわかんないよぉ・・・」うっとりとしながら間延びした声で答える女の後ろで意地悪く笑った弟が、腰を小刻みに動かしたてこう言いました。

「兄貴だよ、オマエの彼氏からの電話だよ・・・。
R(俺のこと)と一緒に飯を食ってからもう少し遊んで帰るんだとよ。
災難だよなぁ。せっかくの土曜だってのに綺麗な彼女とデートが、むさ苦しい男の付き合いに変わるなんてさぁ。
兄貴に悪いと思わないの?」

「アアン、そんなこと言われても~」

「お、全然反省の色がないな。オヤジ!俺が下になるからさ、こいつのアナル掘れよ。罰を与えないとな」

とんでもない宣言にも彼女は色を変えることもなく「駄目、まだ慣れていないからそこはゆっくり入れて。・・・お願い」と言いました。

「なんだなんだ、もう尻に入れられても感じるようになったのか?」

「ははは、これじゃ罰にならんな。入れるの辞めるか?」

「ああっ、やめないで・・・もっと気持ちよくなりたいのぉっ!」

そして、彼らは位置を変えて再開しました。

「よし、オヤジ、リクエスト通り優しくしてやろうぜ!」

「しかし、また俺が尻の穴か?たまには前からもやらせろよ」

二人は軽口を叩きながら、女を責めはじめました。
先程とはうって変わってゆったりと腰を振る弟と、それにあわせる父親。
Nは色っぽい溜息をつきながら二人の責めを甘受してました。
しばらくすると、父親が動きを止め、女の下に位置する弟が激しく腰を降り出しました。

Nは「そのアンバランスが凄くイイ!」と涎を垂らしながら、弟の動きに反応するように激しく腰を動かしはじめました。
やがて、興が乗り始めたのか弟が上体を起こしはじめ、それにあわせて後ろで軽く腰を振っていた父親が軽く体を後ろに倒しはじめました。

二人はサンドイッチ状態にすんなりと移行させると、激しく腰を動かすのを再開しました。
その状態でNが逝くのはすでした。
激しい絶叫とともに弟の腰に絡めた足を力一杯とじて先程とは比べモノにならない勢いで体をビクンビクンと痙攣させて後ろの父親にもたれていきました。

二人の男は、互いにひとしきり絶頂の感度を味わった後、ニヤリと笑いながらNから体を離しました。
俺の後ろで一部始終を沈黙したまま眺めていた友人が動いたのはその時でした。
通り過ぎるときによぎった彼の顔色は蒼白でなく、かといって、怒りで紅潮すらしてませんでした。
動いた彼がその場を支配するのに十分とかかりませんでした。

突然の事態にうろたえる弟の顔面・・・鼻の下に一本拳の握りで中段正拳突きを一発。
返す刀で自分の父親にもたれかかる恋人を押しのけ父親の股間にキック・・・というより、一物を思いっきり踏みつけました。
絶叫とともに彼の父親はうずくまり、強く押しのけられたNは顔面を蒼白にして怯えてました。
やつの太股と尻の間からツーッとたれる白い液体にマジってアンモニアの匂い立つ液体が流れ出しました。
どうやら漏らしたみたいです。

匂いに鼻を歪め、激痛で顔を押さえる弟、股間を押さえてうずくまる父親に冷酷に言い放ちました。

「手加減してやったんだから、さっさと起きて服を着ろ!そして、後からちゃんと食卓のある部屋に来いよ・・・N、オマエもだ。まだ帰れるなんて思ってやいないだろうな・・・」

怯える彼らを後目に友人は俺に振り向いてこう言いました。

「R、悪いけど、そのビデオカメラ持って食卓に待機しててくれ。俺、あいつの汚いモノを蹴って汚れた靴下変えてくるからさ・・・」

有無を言わさない眼光にに睨みつけられて、俺はハイと言わざるをえませんでした。
重苦しい雰囲気を感じながら、俺は食卓の間でビデオカメラを持って立っていた。
しばらくすると、父親、弟、友人という順番で彼らが部屋に入ってきた。

「Nは?」

「風呂」

どうやら少しは彼の怒りも納まったらしい。

時計の針が午後八時三十分をさすころ、父親と弟が席につき、その脇に友人が彼らを監視するように立っていた。
いよいよ言質が始まる。

「さてと、オヤジ、この爛れた関係はいつからなんだ!?」

いきなりの直球ストレート・・・相手は多少詰まったようだが、開き直ったのかぽつぽつとつぶやき始めた。
一年前、友人が彼女を家に連れてきたとき(父親が)一目惚れをしたこと。
その時期はちょうど夫婦ともども残業ばかりで、つい魔が差した・・・と。

騙して家に呼びつけ強引に事をなしたあと、バッドタイミングで帰ってきた弟に見られて、「兄貴と別れさせて弟と付き合わせるようにする」と交換条件を出して弟を懐柔。
ちなみに、ここで「彼女が嫌がったら止めるつもりだった」とか言い訳をしましたが、「オヤジ、ビデオはこれ一本っきりじゃないんだろ!?」と、彼が脅すと「・・・嫌がる彼女を無理矢理・・・」とぼそぼそ小さな声で吐露しました。
その言葉を聞いた無表情の友人の両手からビンタが左右に二発ずつ飛びました。

俺は本当に憎いと感じると、人間は無表情で相手を殴れるということを知りました。

「オヤジ、Rにビデオの隠し場所を教えろ!教えなきゃ、いますぐここで弟と尻の穴を掘り合って貰う・・・それでも教えないなら、母さんと姉さんが帰ってくる時刻まで俺に殴り続けられる道を選ぶか?」

隠し場所は弟の部屋、父親の書斎、そして、食卓の間の隅にドンと積まれた段ボール箱のかたまりでした。
俺が全部回収し終えた後、ちょうど時計が五十分をさした。
友人は眉も動かさずに言った。

「一番初めに撮ったやつはどれだ!?」

テレビの中でNが泣き叫んでいる。
そして、Nを執拗に責める彼の父親の姿。
早送り・・・仰向けに寝たNの顔をアップで取っている。

Nは泣いていた。
(後で、Nは初体験の後と言った)

早送り・・・裸のままうずくまって泣いている姿。
早送り・・・血と精液にまみれた割れ目のアップが有った。

それを見ながら俺の胸に去来したのは、一年前にこんなことがあったのに気づいてやれなかった悔やみだった。
こんなのを撮られて、抵抗できる女の子なんていないだろう。
しかも、相手は恋人の父親と弟だ・・・。
まさに後悔先に立たず・・・だ。
時計の針が九時を回ったころ、風呂から上がってきたNが部屋の中に入ってきて絶句した。
テレビのなかの約一年前の自分の狂態を見て、Nは声もなく俯いた。
友人が俺に声をかけた。
多少表情が柔らかくなっていた。

「R、悪いがNを家まで送っていってくれ」

俺は「オマエが送っていった方がいいんじゃないのか・・・」と言おうとして詰まった。
それを察したのか彼は言った。

「もうすぐ姉貴も母さんも帰ってくる。もちろん、今日起きたことを全部明かす。だから、都合が悪い。これは俺の家で起こった問題だから・・・オマエはもう帰れよ」

そう言うと、父親と弟を殴りまくったときの無表情の顔に戻った。
ビデオはいつの間にか全部流しきった後らしく、テレビのモニターに映る画面は青色だった。

結局迷ったけど、それだけだった。
俺は項垂れているNを引っ張って彼の家を後にした。
帰り道、俺は今日あいつと遊んだことをNに話していた。

あいつらにとって今は不幸といえるときかもしれない。
でも、俺に直接不幸な事が起こったわけではない。
だから普通の会話をした。
けれども、死ぬほど言いたかった。

「なんでこんなになるまで黙ってたんだ」と。

最後、「ありがとう」と言って別れた彼女の後ろ姿。
俺は、やっぱりこの言葉を言うべきだったかもしれない。
仕事場から帰ってきた彼の母は、ボロ雑巾の夫と息子を見て驚いたらしいが、そうなるまでに至った過程を聞いて更に驚き・・・情けなさと怒りのあまり、少し気を失った。

なお、失神から立ち直った母親と彼が止めるまで、ぶち切れた姉は死体にむち打つがごとく弟と父親の頬をひっぱたき続けたらしい翌日、三人はボロ雑巾状態の夫と次男を連れてNの自宅に行ったそうだ。
突然の来訪の訳を聞いたNのご両親の怒るまいことか・・・罵詈雑言にマジって「訴える」という言葉が出てきたのは想像に難くない。

しかし、Nが死ぬほど拒否したため、裁判沙汰までにはならなかった。
結局会議は、今後一切彼らがNの側に姿を見せない、人生に関わらないという念書を書くことで終わった。

去り際、彼の母と姉がNを強く抱き締めてこう言ったらしい「どうしてこんなになるまで黙ってたのよ・・・」と。
それを後で友人から聞かされて、俺はちょっと救われた。

一ヶ月後、Nが姿を見せなくなった。
祖父母のところで世話になっているとだけ聞かされた。
Nがいなくなって一週間後、友人の家は二つに割れ、母は姉と長男を連れて実家へ引っ込んだ。
父親はかなり粘ったそうだが、結局最後に離婚に同意したそうだ。
彼らが住んでいた家は売りに出され、父子が何処へ行ったかまでは俺は知らない。

俺が最後に知っていることは、姉と母がご壮健であることと、友人が転校先の高校を卒業すると就職したことだけである。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星