トップページ » それでも私はエクスタシーと堕胎を繰り返す

それでも私はエクスタシーと堕胎を繰り返す

画像はイメージです

隣に最愛の人がお疲れの中まどろんでいる。

つい先ほど私の女性器奥深くに温かな精液をたっぷりと注ぎこんでくれた。
私も彼自身をピクッピクッとしっかりと包み込みながら、至福の時を味わった。

地方の高校を卒業し、都内の大学に進学した。
付き合っていた彼も都内の大学に進学しデートを楽しんだ。
私にとってファーストキスも、そして男性経験もこの彼が初めてでした。

彼はノースキンで優しく私の中に入り、一度も中に出すことはなかった。
妊娠が恐かったのかもしれない。
でも愛されている実感はあった。
そして別れが来た。
彼の手を離すべきではなかった。

大学3年の時、年上の後輩と付き合い始めた。
家族のために働き、苦労して大学に来たようで魅力的に映った。
前期試験も終わりサークルの飲み会のあと、彼が無理矢理私に襲い掛かってきた。
バックで中出しされてしまい妊娠した。

「大学を中退しても産みたい」と言ったが、結局堕胎した。

彼とは私の卒業まで付き合いが続いたが、卒業と同時に自然消滅で別れた。

社会人となり大手商社系の旅行代理店に勤務し始めた。
仕事もできる先輩社員から結婚を前提に付き合いたいと申込まれた。
当然彼は私を抱き、私も彼を咥え込み体の相性を確認しあった。
過去の堕胎もあり、セックスの良さが分かり始めてきた頃でもあった。
そしてエクスタシーを知ると共に妊娠した。

ところが会社がグループ統廃合の対象となり消滅し、彼は退職してしまった。
当然別れ話が持ち上がり、妊娠のことは彼に告げずに堕胎した。
医者から妊娠できなくなるかも知れないと忠告された。
私は運良くグループの別会社に残った。

どのように情報を得たのか分からないが、大学卒業で別れた年上の後輩が会社に尋ねてきた。
大学院に在籍していた。
程なくよりが戻り、お互いの両親に紹介した。
妊娠させた彼に責任を取らせる形で結婚したが、大学院を卒業するまで私の収入だけで生活を維持した。

私のアパートで新婚生活が始まり、当然子作りなどできるはずもなかった。
生挿入しても射精直前にゴムを着けるセックスであった。
旦那の卒業と就職が決まり、危険日に思いっきり生で中出しさせ妊娠した。
無事第1子が誕生し、そして2年後、第2子もでき幸せな家庭が始まった。

子供達も小中学生になり、運動クラブに親が付き合わされることも多くなった。
年上の旦那は仕事疲れもあり、夜は疲れたと直ぐに寝てしまう。
子供達と親との泊まりのキャンプなどに出掛けていたら、同級生の父親から告白され、彼の優しさでついW不倫に走ってしまった。

W不倫では旦那ともしない69をたっぷり愉しみ、彼はいつも激しく私の中で暴れまわり、ゴムなし外だしで安全日は私の奥深くに中出しするセックスでエクスタシーを教えてくれたのも彼であった。
結婚した旦那以外の男の精液を中に出されるのも初めてであった。

彼はいつも中出しを望んでくる。
安全日は彼にしがみつき背中に爪を立てると快感の中、私の奥深くの子宮に浴びせかけるように彼は射精した。
危険日にすごいエクスタシーを感じ、つい彼にしがみついてしまった。
そして彼はそのまま私の中にたっぷりと射精した。
慌ててしまったが、妊娠することも無く生理が来た。
歓ぶ彼は安全日に激しく私の中に射精し続けた。

そしてまた危険日に禁断の快感を二人で味わった。
禁断の覚悟のセックスでやはり妊娠してしまい、堕胎することに。
お互いの家族が疑い始めたのでW不倫に終止符を打った。

旦那は私の不倫を疑いつつ、軽いDVになることもあったが疑われないように旦那の求めるまま夜の相手を務めていたら3人目を妊娠した。
病院で妊娠を確認し、旦那に産みたいと打ち明けたが堕胎するように言われた。
夫婦の間に大きな亀裂が入った。

学生時代に1回、社会人の時1回、結婚後2回不本意な妊娠をしてしまい堕胎した。

高校の同窓会の案内が届いた。
事務局の友人に私の処女を捧げたあの彼が出席するか確認した。
当日会場に着き懐かしい顔ぶれの中、彼を見つけた。
胸が締め付けられるような気持ちがしたが「久しぶりね」と軽く挨拶をした。

2次会で彼に近づき、お互いの近況を話した。
別れた後の年月のことなど詳しくは言えないことばかりであるが。
お互いの連絡先を交換し、帰京したらゆっくり会う約束をして別れた。
家に帰ると旦那が彼のことをしつこく聞いてきた。

「お腹も出て年相応の叔父さんよ」と素っ気無い返事をしておいた。

彼から連絡が来て食事に誘われた。
旦那には大学の同級生に会うと言って家を出た。

今日は安全日。

待ち合わせ場所に行くと、彼は出張の帰りらしくスーツ姿であった。
楽しい会話、美味しい食事と心地よい時間の中で気持ちが彼に読まれているような気がした。
あの頃のように手を繋ぎ、散歩し、彼が「休んでいこう」とラブホへ誘われた。

彼の優しいクニリングスで軽くいってしまった。
お返しに彼自身を美味しく咥え、舌と唇で味わうと旦那やW不倫相手より立派な彼自身が正常位で私の中に生で入ってきた。
私は奥深くで彼自身を受け入れられるように両脚を開き、屈曲位になると「生だよ」と彼は耳元で囁き、腰を激しく私自身に打ちつけてくれた。

気持ちよくなり彼にしがみつき艶声を出していると、

「中で大丈夫?」
「ええ、今日はいいの」

そして彼がより激しく腰を動かし始めた。

私も彼自身を奥深く受入れるように足を絡めると「イクッ」と彼は呻くと共に、私の奥深くの子宮に温かい精液を浴びせかけるように激しく脈動をしながらドックンドックンドクッドクッドクドクドックンと大量の精液を注ぎ込んでくれた。

「アッ、出されてる~」と、つい艶声が出てしまった。

私も彼自身を繰り返し包み込むように受入れた。

「また会いたい」と彼から言われ、「嬉しい」と抱きついてしまった。

彼はパイプカットしているので一度もゴムを使うことなく危険日にも私は気持ちよく彼を生で感じすべてを中に受入れている。
旦那とは家庭内別居で離婚を考え始めている。

近いうちにお泊りの温泉旅行へ行こうと計画を練るために今日会っている。

そろそろ彼が起きそうです。
2回目は私のフェラから騎乗位を堪能します。
そして屈曲位で彼は激しく私の中で暴れまわり、二人同時に最高のエクスタシーを感じることでしょう。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星